VAGUE(ヴァーグ)

オールブラックかつ第2種耐磁性! 現代にマッチした「シリーズエイト」限定モデル

モダンなデザインと優れた耐磁性。現代の要請に応えた新しい機械式時計の姿

 多くのパーツをひとつずつ精巧に組み上げてつくられる自動巻き機械式時計に対して、「繊細な高級品」というイメージを抱いている人はきっと多いのではないだろうか。

 確かにそうした側面もあるが、いかに高級腕時計といえども、その本質にあるのは正確に時を刻むという道具としての実用性。毎日身につけるのであれば、時計本来の実用性能に忠実なものを選びたい。そんな人ならぜひ注目しておきたいのが、シチズン「Series 8(シリーズエイト)」。2008年に登場した前身ブランドのテーマでもあった“引き算の美意識”を継承するものとして、2021年に再始動した機械式時計ブランドだ。

 デザイン面においては線と面とで構成されたシャープでミニマルなシルエットに、ラフなヘアライン加工を大胆に組み合わせたモダンでスポーティな意匠を特徴とする。一方、機能面においては、大量のデジタル機器に囲まれた現代社会では免れることのできない磁力の影響に配慮した耐磁性能の強化が大きなポイントだ。

 そんな「Series 8」の復活1周年を記念した特別モデルとしてこのたび発表されたのが「870 Mechanical 1周年記念限定モデル」。多くの愛好者の話題に上っているのは、オールブラックで統一されたストイックな佇まいだ。

ブランド復活1周年を記念した精悍なオールブラック仕様
ブランド復活1周年を記念した精悍なオールブラック仕様

●カーボンとデュラテクトDLC加工が織り成すオールブラックのストイックな表情

 ディティールをひとつひとつ見ていこう。ステンレス製のケースはややコンパクトな40.8mm径で、ケース厚は装着感の良い11.4mmのスリム設計。2体構造のベゼルを備えるケースは、ヘアラインとミラーという異なるふたつの手法によって磨き分けられ、シチズン独自の硬化技術“デュラテクトDLC”加工を施している。

 ダイヤルには航空機やスポーツカーなどに用いられる、軽量かつ強靭なカーボン素材を採用。表面にカーボンの繊維感を残したブラックカラーのダイヤルには、これもブラックで揃えたインデックスと針が整然と並び、凛々しい表情をいっそう強調する。

 一方、「Series 8」ブランドとしては初めて、裏ぶたにシースルーバック仕様を採用。デザインそのものはシンプルだが、最大約50時間のパワーリザーブを備えた自動巻きキャリバーCal.0950の確かな営みを視覚的にも愛でることができるのは、オーナーだけが堪能できるひそかな楽しみとなるだろう。

 また前述のとおり、日々絶え間なくスマートフォンやタブレットの操作をおこなう現代人にとって、同じく常に手首に身につける腕時計の耐磁性能は必須の機能といえる。日本国内では耐磁性能のレベルはJIS規格で定められているが、Cal.0950が備える「第2種耐磁性」とは、JISの基準内で最高レベルに相当するもの。

 JIS保証水準では直流磁界16000A/m、もう少し具体的にいえば、「日常生活において磁界を発生する機器に1cmまで近づけた場合でもほぼ性能を維持できる水準」を指す。普段の生活でデジタル機器の時刻精度への影響に神経をとがらせる必要は、ほぼないと考えていいだろう。

 重厚あるいは華美なイメージの高級腕時計とは一線を画す、モダンでクールな表情はいかにもシチズンらしいもの。ただし実際の発売は2022年秋以降、また価格も現段階では未定など、詳細はまだ明らかになっていない。心焦がれて待ちわびる時計ファンはきっと多そうだ。

●製品仕様
■CITIZEN Series 8/870 Mechanical 1周年記念限定モデル
・価格:未定
・品番:NA1025-10E
・ケース径:40.8mm(設計値)
・ケース厚:11.4mm(設計値)
・ケース:ステンレス(デュラテクトDLC)
・バンド:ウレタン
・風防:サファイアガラス(両面無反射コーティング)
・ムーブメント:自動巻きCal.0950
・駆動時間:約50時間(最大巻上時)
・防水性能:10気圧防水
・販売数:世界限定700本
・発売:2022年秋冬(予定)

Gallery【画像】精悍に生まれ変わったモダンな耐磁性ウオッチ「シリーズエイト」限定モデルを見る(6枚)

RECOMMEND