誰でもベントレーのサポートでワークスドライバーに! いま欧州で断然ホットなシム・レース選手権とは?

ベントレーが、シム・レース選手権「SRO EスポーツGT選手権」への参戦を表明。ベントレーのワークスドライバー気分で誰でも参加できるシム・レース選手権とは?

コンチネンタルGT3の2020年ワークスチームのカラーリングを手に入れよう!

 2020年4月15日、ベントレーは、現実の世界の多くのマニュファクチャラーが参加して6戦を争うシム・レース選手権「SRO EスポーツGT選手権(SRO E-Sport GT Series)」への初参戦を発表した。

ベントレーが、シム・レース選手権「SRO EスポーツGT選手権」への参戦を表明

 ベントレーは、現実の世界のレーシングドライバーを対象とした「Pro」クラスのレースや精鋭のシム・レーサーを対象とした「Silver」クラスのレースにベントレー・フィールド・チームとして参戦を表明。

 また「Am」クラスのイベントでは、ベントレーの従業員や世界中のベントレー・ファンを含むすべてのコンチネンタルGT3ドライバーに対して支援を表明した。

 この発表を記念して、4月15日14時(日本時間22時)以降、アセット・コルサ・コンペティツィオーネの全ユーザーが、バサースト12時間耐久レースで優勝したコンチネンタルGT3の2020年ワークスチームのカラーリングをダウンロード可能となった。

 ベントレー・モータースポーツの監督を務めるポール・ウィリアムズは、つぎのようにコメントしている。

「現実世界のレーサーでも、プロのシム・レーサーでも、レースを楽しむゲーマーでも、コンチネンタルGT3でレースに参加することを選択すれば、ベントレーのEスポーツ仲間の一員です。この仲間の成長を支えるため、当社は『SRO EスポーツGT選手権』にマニュファクチャラーとして参加し、現実世界のレースチームと共に、セットアップやソーシャルメディアを使ったプロモーションでドライバーを支援します。

 当社は、パートナーである『アセット・コルサ・コンペティツィオーネ』の開発者クノスと緊密に協力しながらシーズン開幕に向けた準備を進めており、プロのシム・レーサーにも、当社の代表として、サーキットだけでなくゲーム内のセットアップやレーシング・スタイルについて現実世界のレーサーを支援するよう求めています。

 当社は、信頼できるSROのパートナーと共に巨大なシム・レースの舞台に足を踏み入れることを選択し、極めて集中的に、的を絞って取り組んでいます。私たちは数週間前に『SRO EスポーツGT選手権チャリティ・チャレンジ』に参加しましたが、その制作およびレースの質の高さに大変感銘を受けました。このイベントは、当社が参戦するのに最適な場所です。

 ここ数年、PCゲーム『アセット・コルサ・コンペティツィオーネ』でコンチネンタルGT3を駆ってレースを楽しんでいる驚くほど忠実なファンのためでもあるし、現実世界のレースファンにとっても、スポーツの世界に足を踏み入れる絶好の機会といえます」

* * *

 全戦でおこなわれるこの選手権は、2014年からベントレー・モータースポーツが参戦してチャンピオンシップを獲得し、レースで勝利を収めているイベント「GTワールド・チャレンジ・ヨーロッパ(GT World Challenge Europe)」を反映したものである。

●「Pro(プロ)」および「(Silverシルバー)」のレース・スケジュール

第1戦:シルバーストーン/4月26日
第2戦:Totalスパ24時間レース/5月10日
第3戦:ニュルブルクリンク/5月17日
第4戦:バルセロナ/5月31日
第5戦:一般投票で開催地を決定/6月14日
第6戦:最終戦/開催日未定

●「Am(アマチュア)」のレース・スケジュール

第1戦:シルバーストーン/5月16日
第2戦:Totalスパ24時間レース/5月23日
第3戦:ニュルブルクリンク/5月30日
第4戦:バルセロナ/6月6日
第5戦:一般投票で開催地を決定/6月13日
第6戦:最終戦/開催日未定

 ProクラスおよびSilverクラスのエントリーはプロのドライバー/Eレーサーに限られるが、「Am」クラスにはアセット・コルサ・コンペティツィオーネの全ゲーマーがエントリー可能。

 最終的に出場者は4月26日~5月10日の期間に行われる公開ラップタイム予選で決定され、もっとも速かった上位40名がグリッドを獲得する。

 すでにウェブサイト上で事前登録が開始されており、初開催となる「スポーツ選手権」の詳細およびレースフォーマットは間もなく発表される予定だ。

 ベントレーのEスポーツ活動に興味がある人は、ベントレーレーシングのソーシャルメディア(Twitter/Instagram)のアカウントを検索して、フォローするといいだろう。

Gallery:写真でバーチャルと現実世界のレースを見分けてみよう!(15枚)