アストンマーティン「ヴァンテージ」のオープンモデルはソフトトップを選択

アストンマーティンのスポーツカーラインナップに、新型「ヴァンテージ・ロードスター」が加わった。「ヴァンテージ」のオープンモデルは、どのようにして作られたのだろうか。

満を持してヴァンテージにソフトトップのオープンが登場

 アストンマーティン「ヴァンテージ」は、2018年にフルモデルチェンジし、まずクーペのみで発売された。このヴァンテージのラインナップに、オープンモデルである「ヴァンテージ・ロードスター」が加わった。

満を持して登場したヴァンテージのコンバーチブルモデル

 ヴァンテージ・ロードスターは、妥協のないデザインとエンジニアリングを表現すると同時に、ヴァンテージ・クーペの性能も受け継がれている。

 ヴァンテージ・ロードスターの最高出力は510馬力/6000rpm、最大トルクは685Nm/2000から5000rpmだ。エンジンは、アストンマーティン製4リッターV型8気筒ツインターボエンジンで、組み合わされるトランスミッションは、ZF製の8速ATである。

 0-60mph(約97km/h)加速はわずか3.7秒で、ルーフを閉じた状態での最高速度は306km/hに達する。

 新開発されたZパターンの軽量折りたたみルーフメカニズムと、最適化されたエクステリアとシャシにより、このコンバーチブル・モデルの重量は、クーペと比較してわずか60kgしか増加していない。

 アダプティブ・ダンピング、ダイナミック・スタビリティ・コントロール、ダイナミック・トルクベクタリング、エレクトロニック・リア・デファレンシャルをクーペと共有することで、洗練された運動性能も受け継いでいる。

 また、リア・ダンパー、アダプティブ・ダンピング・システム、ESPキャリブレーションは、このモデル専用のチューニングが施されている。さらに、走行モード(Sport、Sport +、Track)もロードスター専用に調整され、ダイナミックなキャラクターと運動性能を実現している。

 ヴァンテージ・ロードスターは、クーペの並外れたドライビング・フィール、ラップタイム、コーナリング性能を維持しているが、ボディは独自のデザインに変更されている。

 Zパターンに折りたたまれるファブリック製のトップは、非常にコンパクトな電動開閉メカニズムを備えており、7秒以下で作動させることが可能だ(オープン時:6.7秒、クローズ時:6.8秒、最大50km/hまでの速度で作動可能)。

 また、スタックの高さが驚くほど低いため、2段式の積載スペースへの影響を最小限に抑え、シームレスなリア・スタイルを実現。トランク容量は200リッターで、フルサイズのゴルフバッグと付属品を積載することが可能である。

Gallery:【画像】アストンマーティンの麗しいロードスターを堪能する(13枚)