VAGUE(ヴァーグ)

仕事帰りにジムへ通う人へ「仕事道具とスポーツギアをまとめて携行できる」軽量バッグの使い勝手とは

高機能素材により驚きの軽さを実現

 日本製バッグブランド・WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)より、高機能素材を使用した「X-PAC(エックスパック)」シリーズのビジネスバッグが登場した。

 オン/オフいずれのシーンにもマッチするデザインと機能を兼備した3WAYバッグ、ブリーフケース、トートバッグの3モデルをラインナップ。いずれも仕事道具とスポーツギアをまとめて持ち歩く、アクティブなビジネスパーソンにうってつけだ。

仕事道具とスポーツギアをまとめて持ち歩く、アクティブなビジネスパーソンにうってつけのWONDER BAGGAGE「X-PAC」シリーズ。写真はブリーフケースの「X-PAC BRIEF」
仕事道具とスポーツギアをまとめて持ち歩く、アクティブなビジネスパーソンにうってつけのWONDER BAGGAGE「X-PAC」シリーズ。写真はブリーフケースの「X-PAC BRIEF」

 近年、健康志向の高まりなどを受け、仕事帰りにスポーツを楽しんだり、ジム通いをしたりする人が増加。それにより、ビジネス道具とスポーツギアをぞれぞれのバッグにわけて持ち歩いている人も増えている。ひとつのバッグにまとめて携行できるのが理想だが、一般的なビジネスバッグは容量が足りず、かといって大容量のスポーツバッグはビジネスシーンには不向きである。

 こうした課題をクリアしたのが「X-PAC」シリーズだ。ビジネスバッグのたたずまいはそのままに、オフタイムでも使いやすい機能性をプラスしている。相反する機能を両立できた理由について、ワンダーバゲージ広報も東さんは次のように話す。

「『X-PAC』シリーズのバッグは、実際に、仕事終わりの運動を日課にしているデザイナー自身が、従来のビジネスバッグに不足していた部分を改良し、設計したものです。

『X-PAC』シリーズはすべて、仕事道具の収納を想定したメインコンパートメントと、シューズやウエアを収容できる大きなファスナーポケットを組み合わせています。ファスナーポケットに入れた荷物は、なかのメインコンパートメントの空間を利用するため、かさばる荷物を入れてもふくらまずに悪目立ちせず、ビジネスバッグとしてのたたずまいをくずしません。また、メインコンパートメントに入れた書類と、外からアクセスできるファスナーポケットに収めたシューズやウエアとが干渉することなく、仕事道具とスポーツ用品の“すみ分け”も可能にしています。

 ディティールについても、ブリーフバッグ、トートバッグモデルは地面と擦れる底面に、摩耗強度に優れた1680Dコーデュラバリスティックを使用、また、ビジネスバッグで多く見られるコイルファスナーやメタルファスナーを使用せず、軽量なビスロンファスナーを採用している点もデザイナーのこだわりです」

Next目指したのはビジネスとスポーツの融合
Gallery【画像】仕事道具とスポーツギアをまとめて携行できる軽量バッグを写真で見る(9枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND