VAGUE(ヴァーグ)

広島の瀬戸内海に浮かぶ小島に誕生した「アイランドグランピング施設」家族や愛犬と過ごせる新施設の魅力とは

オーシャンビューで眺めも抜群のロケーション

 広島県の尾道市に、ドーム型グランピング施設「グランヴィレッジ瀬戸内しまなみ」が、2022年4月29日にグランドオープン。リゾートグランピングドットコムで予約受付を開始した。

「グランヴィレッジ瀬戸内しまなみ」は、瀬戸内海に浮かぶ美しい島々のひとつである高根島にたたずむ、全5棟のグランピングリゾートだ
「グランヴィレッジ瀬戸内しまなみ」は、瀬戸内海に浮かぶ美しい島々のひとつである高根島にたたずむ、全5棟のグランピングリゾートだ

 新施設は、瀬戸内海に浮かぶ美しい島々のひとつである高根島(こうねしま)に誕生するプライベートグランピング施設だ。同施設の魅力について、広報の森脇さんは次のように語る。

「高根島は、しまなみ海道が結ぶ島々のひとつ、生口島(いくちじま)に隣接する、面積わずか5.57平方キロメートルの小さな島で、“サイクリングの聖地“や“瀬戸田レモンの島”としても知られています。

『グランヴィレッジ瀬戸内しまなみ』はおだやかな海を望むロケーションに5棟を配置。自然のなかでゆったりとプライベートなグランピングをお楽しみいただける環境です。冷暖房はもちろん、すべての部屋に個別のバスやトイレも完備。ホテルに匹敵するアメニティがそろった、高規格のグランピング施設です」

「グランヴィレッジ瀬戸内しまなみ」のテントは、全国のグランピング施設で人気の高いドーム型テント“アイランドドーム”はもちろんのこと、広島では初登場となる“コクーンテント”も用意される。各テント内にはシングルベッドを4台配置し、マットレスを使用すれば最大5名まで宿泊可能だ。

「“コクーンテント“はその名のとおり、繭(まゆ)のような独特な形状をしており、開口部が広く開放的な空間が特徴です。このテントには愛犬の同伴も可能なので、お庭を“プライベートドッグラン”としてご利用いただけます。快適なグランピングを通じて、愛犬との絆をさらに深めるご旅行をお楽しみください」(森脇さん)

 ドッグランだけでなく、愛犬用の食器やトイレなどの設備も充実。愛犬との大切な時間を、周囲を気にすることなく過ごせる。

Next食の宝庫・瀬戸内の豪華グランピングBBQ
Gallery【画像】瀬戸内ならではの自然を満喫できる新設グランピング施設を写真で見る(9枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND