VAGUE(ヴァーグ)

マセラティ新型「グレカーレ」にイタリアで試乗して分かった「4気筒と6気筒のどちらが魅力的か」

1年後にはBEVも追加される「グレカーレ」とは、どんなSUVなのか

 マセラティのラインナップに、新たにミドルクラス(Dセグメント)SUVの「グレカーレ」が誕生した。

 デビュー時のラインナップは、530psという最高出力を得た3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載した「トロフェオ」、2リッター直列4気筒エンジンに、48V電源によるマイルドハイブリッド機構を組み合わせた330ps仕様と300ps仕様の、それぞれ「モデナ」と「GT」という3モデル構成となる。

 トロフェオに搭載されるエンジンは、「MC20」のネットゥーノ・ユニットをウエットサンプ化したもので、一方で1年後にはフルバッテリーEV(BEV)の「フォルゴーレ」が登場する予定となっている。

 マセラティがいかにこのグレカーレに大きな期待を抱いているのかは、こうしたニューモデル投入のスケジュールからも容易に理解できるところだ。ちなみにフォルゴーレには400Vの高電圧システムが採用されることになるという。

コーナリング時にはとりわけステアリングのフィーリングが素晴らしく感じられた「グレカーレ トロフェオ」
コーナリング時にはとりわけステアリングのフィーリングが素晴らしく感じられた「グレカーレ トロフェオ」

●マセラティの意気込みが伝わるネーミング

 グレカーレとは、地中海に吹く北東の風であり、風の名前を車名とするのはマセラティのひとつの伝統でもある。「ミストラル」、「ギブリ」、「ボーラ」、「カムシン」、次々に思い出される風の名前が与えられたマセラティは、どれも美しく、そしてエレガントな佇まいを見せるものばかりだったが、それはこのグレカーレにおいても例外ではない。

 最新世代のプラットフォーム、アルファ ロメオ「ステルヴィオ」などにも使用されているジョルジョ・プラットフォーム上に組み合わされたボディは、SUVとしての機能性や多用途性をまずシンプルなライン構成で表現したもの。その一方でMC20にも共通する、そして今後誕生する予定の新型GTにも採用されるという特徴的なフロントマスクやフロントフェンダー上の3連のエアアウトレット、かつての「3200GT」を思い出させるテールランプなど、これまでのマセラティの個性を実に巧みに採り込んでいるのが特徴だ。

 サイズ感も日本の事情に程よくマッチしている。マセラティのSUVには、さらに上級モデルとして「レヴァンテ」が存在するが、レヴァンテが全長で5000mmを超えるのに対して、グレカーレはグレードにより若干の違いはあるものの、もっとも大きなモデルでも4859mm。ホイールベースも、グレカーレは100mm強短い2901mmに設定されている。前後輪を可能なかぎり四隅に配置しフットワークの力強さを表現し、それはまた実際に魅力的なコーナリングを実現する。

 インテリアも一気に現代的な雰囲気に進化した。そのコンセプトはクリーンでモダン、かつエモーショナルなもの。メイド・イン・イタリーのクラフトマンシップが格調高い素材をより引き立て、その中に12.3インチのセンターパネルと8.8インチのコンフォートパネル、そして新しいデジタルクロック等々が搭載されている。

 このインテリアも、そしてもちろんエクステリアのデザインも、どちらかといえば女性の心をより強く刺激するフィニッシュではないだろうか。もはや現在では女性でも抵抗なくSUVをドライブする時代。それを考えるとなおさらに、このグレカーレがSUVとしてきわめて優秀な機能を持つ装飾品に思えてくるのだ。

 グレカーレは、真の意味での高級というものを知る女性のライフスタイルの中に、ぜひ採り入れてほしいクルマ。それが個人的に感じたマセラティの新型SUVの第一印象だった。

Nextさっそく「グレカーレ」の2グレードを試乗して分かった2台の違いとは
Gallery【画像】一部では「スイスポ」に似ていると話題沸騰の「グレカーレ」を見る(21枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND