空気中の花粉やウイルスを捕集! ダイソンの最新加湿空気清浄機が、いま必要とされる理由とは?

自宅で過ごす時間が多くなった人が増えているが、新型コロナウイルスから身を守るには、まずは自宅のウイルス対策から。ダイソンの最新加湿空気清浄機は、空気中の花粉やウイルスを捕集してくれるスグレモノだ。

1台3役のダイソン加湿空気清浄機で、部屋の空気をリフレッシュ

 外出自粛要請が続き、自宅にいる時間が増えている。在宅業務のための空間を快適にするための模様替えアイデアも多いが、見えない室内の空気環境対策も忘れてはいけない。

 まずは、部屋の空気をきれいにすることが大切だ。「ダイソン」の加湿空気清浄機なら、空気清浄、加湿、涼風の1台3役。1年中使えるのも便利なアイテムだ。

 外出自粛のいま、公式オンラインストアからお取り寄せも可能だ。

最新のダイソン加湿空気清浄機 左はオンライン限定モデル/右は、パーソナル空気清浄ファン

●PM0.1レベルの微粒子も捕集し屋内をクリーンに

 最新の「Dyson Pure Humidify+Cool 加湿空気清浄機」には、乾燥する冬などは衛生的な加湿器として、夏は扇風機として使用でき、さらに年間を通して、PM0.1レベルの微粒子も捕らえる空気清浄機として活躍する1台3役の機能が搭載されている。

 これは、ダイソンの微生物学者とエンジニアのチームが部屋全体の空気を徹底的に清浄するために開発されたものだ。

 ダイソン空調家電製品カテゴリーのグローバル・ディレクターのチャーリー・パーク氏は、「驚かれることも多いのですが、ダイソンには課題解決に向けた適切な研究をおこなうため、高度なスキルを持った微生物学者のチーム、そして多くの先端生化学研究所があります。

 この分野の知識を、空気力学、ろ過、感知といった主要な工学原理と組み合わせることで、乾燥した空気や汚れた空気に対処することで、衛生的な屋内環境を維持できる3つの機能を兼ね備え、年間を通して使用可能なこの製品を開発したのです」と、述べている。

 この加湿空気清浄機は、汚染と湿度を自動で感知し、衛生的に加湿、浄化された空気を届けてくれる。

●屋内の汚染を検知・清浄・循環で除去

 屋内の微細粒子は複数のセンサーによって測定、検出される。また、別のセンサーでは、揮発性有機化合物(VOC)の量を検出し、さらに3つ目のセンサーで、相対湿度と温度が測定される。本体にあるLCDディスプレイで、このデータをリアルタイムで追跡する。

 また、長さ9メートルにもおよぶ凝縮密封式のホウケイ酸マイクロファイバー製フィルターで、0.1ミクロンレベルの微細汚染物質の99.95%を捕集するというから、なかなか頼もしい。

 さらに活性炭フィルターが吸収効率を高め、有害なガスも除去してくれる。その清浄された空気を、エアーマルチプライアーテクノロジー搭載で、部屋の隅々まで届けてくれる。

 このエアーマルチプライアーとは、吸い込まれた空気が狭い開口部を通ることで加速し、翼型傾斜の上を流れて気流を形成し、周囲の空気を巻き込んで吸い込んだ空気を増幅させるダイソン独自の技術だ。イメージとしては、室内の空気を思い切り吸い込んで、きれいにして排出してくれているというわけだ。

●室内の空気の状態を可視化

 部屋が乾燥すると、ウイルスが浮遊しやすいこともあり、加湿も重要だが、加湿器のタンク内の掃除を怠ると、細菌をわざわざ放出していることになるので注意したい。

 ダイソンでは、新しいUV-Cテクノロジーでタンク内の水の細菌を瞬時に除去し、細菌の増殖を抑える銀繊維を編み込んだ抗菌加湿フィルターで衛生的に加湿する。タンク内で加湿フィルターを洗浄できる機能も搭載されているのも手間いらずで便利だ。

 このように細菌やウイルスなどの空気の汚れは目に見えない。そこで、実際にきれいになっているかどうか確認できるようDyson Linkアプリが搭載されている。

 このアプリで、屋内の空気の汚染度、温度、湿度レベルを追跡。さらにメンテナンスのサポートやトラブルシューティングもアプリで行うことができる。

 夜は、ナイトモードでディスプレイを暗くし、静かな設定でモニタリングと空気清浄をおこなう。日中も自然の空気の流れのパターンを模倣するアルゴリズムを考案し、室内にいながら、そよ風を感じるモードなど、かゆいところに手が届く機能もうれしい。

 新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)についての検証はおこなわれていないが、PM0.1レベルまで捕集できるなら、屋内の空気はかなりきれいになる。花粉などのアレル物質もそうだが、ウイルスは外から持ち込むことになるので、まず玄関でしっかり花粉やアレル物質を払い落とすのがいいそうだ。

 空気清浄機は、まず玄関に置いて、中にアレル物質やウイルス持ち込まないように心がけよう。限定モデルのブラックならクールなイメージ、ホワイトなら明るい印象になる。インテリアに合わせて選びたい。

 さらに、仕事中に新鮮な空気を吸ってパフォーマンスを上げたいなら、パーソナル空気清浄ファンをPC横に置いてみるのはどうだろう。自分専用の空気清浄機は、持ち運びやすく、いつでもクリーンな空気とともにいられる。

 現在の非常事態、一人1台の空気清浄機というのも贅沢過ぎない気がしてきた。直販限定モデルのブラック/ニッケルは、外観もシックでクール。カラーも部屋の雰囲気に合わせて、4タイプから選べるのも嬉しい。

* * *

●Dyson Pure Humidify+Cool 加湿空気清浄機

ブラック/ニッケル:オープンプライス ※直販限定モデル
ホワイト/シルバー:オープンプライス

●Dyson Pure Cool Me パーソナル空気清浄ファン

ブラック/ニッケル:オープンプライス ※直販限定モデル
ホワイト/フューシャ:オープンプライス ※直販限定モデル
ホワイト/シルバー:オープンプライス(消費税込み)
ガンメタル/コッパー:オープンプライス(消費税込み)

ダイソン https://www.dyson.co.jp/

Gallery:【画像】これを見れば、部屋の空気をキレイにする仕組みがわかる!(11枚)