VAGUE(ヴァーグ)

卓越したパフォーマンスの融合! シチズン アテッサ35周年を彩るコラボの相手は『日産フェアレディZ』

ブラックチタンボディに映える鮮やかなフェアレディZカラー

 ベースとなるアテッサ ACT Lineの「光発電エコ・ドライブ電波時計」に施されているのは、新型フェアレディZのイメージカラーのひとつである“イカズチイエロー”と、2022年の6月に登場予定の7代目「フェアレディZ」に採用される新色の“セイランブルー”。雷と青藍(せいらん)。どちらも和のテイストを感じさせるカラーリングとなっている。

 両モデルはダイヤルのデザインも異なる。イカズチイエローの「AT8185-89E」は、特別仕様車のシートにも使われているドットデザインを文字板に反映。時分針やインデックスもケースと同じ黒で統一することで、イカズチイエローがより鮮烈な印象を放つ。

 一方、セイランブルーの「AT8185-97E」の文字板は、アスファルトを思わせるマットな仕上がりに。時分針とインデックスはシルバーでまとめられ、こちらは全体的にクールな印象を受けるだろう。

 どちらも秒針は、高回転エンジンのレッドゾーンをイメージした赤を採用。文字板には「FAIRLADY Z」、りゅうずには「Z」、裏ぶたには「NISSAN」のロゴが配置されているなど、コラボならではの仕上がりとなっているが、極めつけは数字のフォント。

 ダイヤルなどに記されている数字は、実際にフェアレディZのインストルメントパネルに用いられているフォントを使うこだわりぶりだ。

フェアレディZのイメージカラーの“イカズチイエロー”と“セイランブルー”をまとった、アテッサブランド誕生35周年を祝う特別なモデル(※画像に使われている車両はNISSAN ZまたはフェアレディZ プロトタイプで、一部日本仕様と異なります)
フェアレディZのイメージカラーの“イカズチイエロー”と“セイランブルー”をまとった、アテッサブランド誕生35周年を祝う特別なモデル(※画像に使われている車両はNISSAN ZまたはフェアレディZ プロトタイプで、一部日本仕様と異なります)

●いつでも正確な時刻を刻み続けるからビジネスシーンでも活躍

 ケースとバンドには、アテッサの象徴ともいえる独自のチタニウム加工と表面硬化加工(デュラテクト)を施した“スーパーチタニウム”を採用。ステンレスと比べて40%軽く、5倍以上の表面硬度を持つという素材は、サビにくく、肌にやさしいという特徴も持ち合わせている。

 スペックで注目したいのは光発電エコ・ドライブと、世界の4エリアで自動的に時刻やカレンダーを修正する日中米欧電波受信機能。定期的な電池交換を必要としない長時間駆動と時刻の正確性は、仕事で活用するビジネスパーソンにとって大きいだろう。

 また、海外で便利なのが“ダイレクトフライト”。2ステップの簡単な操作で海外の現地時間に合わせることができるので、海外とのオンラインミーティングでも役に立つはずだ。

 普段使いはもちろん、ビジネスシーンにも適応するデザインと機能性を持ち合わせたアテッサとフェアレディZのコラボモデル。無難にいくなら落ち着いた印象のセイランブルーだが、イカズチイエローで冒険してみるのもありかもしれない。

●製品仕様
・価格:16万5000円(消費税込)
・ケースサイズ:横42.0mm/厚さ10.8mm
・ケース・バンド素材:スーパーチタニウム(デュラテクトDLC)
・ガラス:サファイアガラス(クラリティ・コーティング)
・動力:光発電エコ・ドライブ
・防水性:10気圧防水

Gallery【画像】フェアレディZのディテールを落とし込んだデザインを見る(5枚)

RECOMMEND