VAGUE(ヴァーグ)

「Gクラス」は4800万円から! 「パレス スケートボーズ」とAMGのコラボアートカーが世界4都市でリリース

メルセデスAMGがストリートカルチャーとコラボ

 カプセルコレクションとは、ファッションブランドが販売の期間や、その数量を限定しておこなう小規模な新作発表のことだ。今回、自動車のファンにも気になるカプセルコレクションを発表したのは、2021年初めてメルセデスAMGとコラボレーションし、大きな成功を収めたイギリスのスケートボード&ストリートウエアブランドの「パレス スケートボーズ(以下パレス)」である。

 2021年ニュルブルクリンク24時間レースでおこなわれたプレゼンテーションでは、メルセデスAMGとのコラボによって、モータースポーツをテーマとした初のカプセルコレクションを発表したパレスだが、2022年は一転、サーキットからストリートへ、さらには世界の主要都市のライフスタイルをも意識しているのが特徴だ。

日本が誇るファンタジー文化からインスピレーションを得たという「メルセデスAMG G63 PALACEエディション・スペースホース東京」
日本が誇るファンタジー文化からインスピレーションを得たという「メルセデスAMG G63 PALACEエディション・スペースホース東京」

●アフォルターバッハからストリートカルチャーへ

 その中でももっとも大きな話題といえるのは、コレクションの販売開始に伴い、メルセデスAMGのプロダクトから4台のモデルを選択。それをベースにアートカーを製作したことだろう。

 それらは「Affalterbach to the world」、すなわちメルセデスAMGが本社を置く田舎町アフォルターバッハの地を、パレスの旗艦店の所在地があるロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、東京という大都市と同列に扱い、各々の都市にインスパイアされたデザインをアフォルターバッハから提案するという、非常に興味深いデザインコンセプトを持つモデル達だ。

 メルセデスAMGとパレスは、スポーツとファッションの世界で新しい出発点となる美的な魅力を備えている。また高性能なスポーツカーとストリート・スケートボーズには、どちらの分野にもパフォーマンスとスピードが必要であり、2021年発表された両社のコラボレーションはメルセデスAMG Team HRTのGT3レーシングカーとしてスターティンググリッドで披露されることになったのは記憶に新しいところだろう。

 今回新たに発表された4台のアートカーは、メルセデスAMGの「A45 S」、「GT63 4MATIC+」、「SL63 4MATIC+」、「G63」の各モデルである。

Nextストリート仕立てに変身した4台のAMGとは
Gallery【画像】ストリートカルチャーとAMGがコラボした4台を見る(18枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND