VAGUE(ヴァーグ)

雪国との往復800kmで見えたスバル「アウトバック」のGT性能「走りの安心感や車内の快適性」が抜群です

高速安定性の高さが走行時の緊張感を緩和する

 長い距離をドライブしても驚くほど疲労感が少ない。これが、ロングツーリングを終えた直後のスバル「レガシィ アウトバック」の印象だ。

 このように書くと「イマドキのクルマなんてどれも同じだろう?」と思う人も多いはず。しかし、新しいアウトバックを運転した後の疲労度の少なさは、明らかに並のクルマを凌駕する。

雪国への往復800kmほどのロングドライブでも驚くほど疲労感が少なかったスバル「レガシィ アウトバック」
雪国への往復800kmほどのロングドライブでも驚くほど疲労感が少なかったスバル「レガシィ アウトバック」

 雪国へのロングドライブにおいて疲れの主因となるのは、高速巡行時や雪道を走る際の緊張感。その点において、アウトバックはとても優秀だ。

 まず高速巡行時は、新型から使われている“SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)”と“フルインナーフレーム構造”が効いている。これらにより車体剛性がより強固となり、従来モデルよりもサスペンションがしっかり仕事をするようになった。そこに、しなやかなサスペンションを組み合わせることで、高速安定性はよりハイレベルだ。

 さらに、直進性にも優れているため、運転中の細かいステアリング修正が不要となっている。多くのドライバーが無意識にやっている高速走行中の細かいステアリング操作は、疲労感を生む大きな要因とされるが、これを軽減したことの効果は絶大だ。

 またエンジン特性も、疲労の抑制に効いている。新しいアウトバックが搭載するのは1.8リッターの水平対向4気筒ターボエンジンで、前身の「レガシィ グランドワゴン」や「レガシィ ランカスター」の時代を含めても、アウトバック史上もっとも小さな排気量となる。

 だからといって、動力性能にもの足りなさを覚えることはない。最高出力こそ177psと控えめ(とはいえ、先代の2.5リッター自然吸気エンジンの175psよりは高出力)だが、ターボチャージャーの力を借りることで300Nmと3リッター自然吸気エンジン級の太いトルクを発生する。しかもそれを、わずか1600回転から発生させるため、体感的な力強さは上々。市街地でのストップ&ゴーや高速走行時の追い越し加速など、日常域での力強さを重視した特性は、ゆったりと走るのが似合うアウトバックのキャラクターとマッチしている。

深い轍や路肩に積み上がった雪を乗り越える際なども、213mmというロードクリアランスによりスタックせずに走破できる。この安心感は雪道での緊張感軽減に役立つ
深い轍や路肩に積み上がった雪を乗り越える際なども、213mmというロードクリアランスによりスタックせずに走破できる。この安心感は雪道での緊張感軽減に役立つ

 もうひとつ、高速巡行時の疲労軽減に役立っているのが、先進の運転サポートデバイスだ。前走車との間隔をキープしながらクルマ自らが速度を自動調整するACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、アクセル操作からドライバーを解放。とくにスバルの最新システムは、前走車の速度が変わって車間距離が変化したときや、前方に別のクルマが割り込んできたときも動きがギクシャクせず、運転上手なドライバーが操作しているかのようにスムーズに走行してくれる。

 その上、50km/h以下の渋滞した高速道路においてハンドルから手を離した状態で移動できるハンズオフ機能や、ACC利用時にウインカー操作を合図にクルマが自動で車線変更してくれる機能もアウトバックは標準装備する。なかでも、高速道路で有効なのが後者の“アクティブレーンチェンジアシスト”で、高速走行時の車線変更が想像以上に疲れの要因になっていたことに気づかされた。

 こうした機能を集約するアウトバックの“アイサイトX”は、各種操作を安心してクルマに任せられるほど完成度が高い。そのためリラックスして移動でき、結果的にドライバーの疲労軽減につながる。

Next万一スタックしたときの備えも万全
Gallery【画像】雪国へのドライブで真価を発揮した新型「アウトバック」を写真で見る(27枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND