VAGUE(ヴァーグ)

ロータス初SUV「エレトレ」はEVで登場! 生産が中国武漢でおこなわれる理由とは

「エヴァイヤ」のデザインランゲージを継承したSUV「エレトレ」誕生

 最後の内燃機関モデルである「エミーラ」の4気筒モデルの受注を開始したばかりロータスだが、2022年3月29日(英国時間)にオールエレクトリックのSUV「エレトレ」のワールドプレミアがおこなわれた。

 まずはワールドプレミアでアナウンスされた、コードネーム「Type132」ことエレトレの概要を紹介しよう。

ロータス初のSUV「エレトレ」は、オールエレクトリックで登場
ロータス初のSUV「エレトレ」は、オールエレクトリックで登場

●ロータスにとって初物づくしの「エレトレ」

 エレトレは、ICE最後のスポーツカーとなる「エミーラ」の魂とオールエレクトリックハイパーカー「エヴァイヤ」の革新的なエアロパフォーマンスを取り入れたとロータスはアナウンスしている。そして独自に「ハイパーSUV」であると定義づけている。

 そんなエレトレだが、実はロータスにとって初物づくしでもある。ロータス初の5ドアプロダクションカー、スポーツカーセグメント以外の初のモデル、初のライフスタイルEV、ロータス史上もっともデジタルでコネクトされているモデル……などなど。

 そして「Born British,Raised Globally」というコンセプトのもと、製造は中国の武漢に新しく建設された最先端のファクトリーで、2022年後半から開始される。これもロータス初である。

 この「Born British,Raised Globally」をもう少し具体的に説明しよう。

 ロータスの拠点である英国ヘセルのチームによって企画開発され、中国武漢のロータステクノロジー部門が電気モーターとバッテリー技術をリード。生産が武漢でおこなわれるのは、中国がEVの巨大なマーケットであることもあり当然の成り行きであろう。

 そしてドイツのラウンハイムにあるロータステクノロジーイノベーションセンターのチームは、スウェーデンのヨーテボリにあるエンジニアリングチームの専門家とともに、コンポーネントの統合、耐久性テスト、認証などを担当し、EV管理システムにも取り組んでいる。

 全体的な内外装のデザインは、英国ウォリックシャーにあるロータステクノロジークリエイティブセンターに拠点を置く国際チームが担当する、といった具合だ。

Nextロータス初SUVの加速性能と航続可能距離は?
Gallery【画像】新時代ロータスを感じさせるカッコよさ! ハイパーSUV「エレトレ」を見る(27枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND