国産コンパクトSUVとは違う個性!フランス流シトロエン「C3エアクロスSUV」の味とは

2019年に日本に上陸したシトロエン「C3エアクロスSUV」は、Bセグメントモデル「C3」をベースにしたコンパクトSUVだ。いま注目のコンパクトSUV市場にあらたに登場したポップなモデルに試乗した。

世界中で流行の「BセグメントSUV」に登場したシトロエンのポップなモデル

 2019年に日本に上陸したシトロエン「C3 AIRCROSS(エアクロス)SUV」は、いま世界的にも成長しているBセグメントSUVに属するモデルだ。

シトロエン「C3エアクロスSUV」の走り。グレードは「シャイン パッケージ」

 日本でも売れ筋のトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」、輸入車でいえばフォルクスワーゲン「Tクロス」やプジョー「2008」、ルノー「キャプチャー」など、そうそうたるライバルがひしめくのがこのBセグメントSUVというジャンルになる。

 BセグメントSUVはおもに全長4.2m前後のモデルを指し、全長3995mmのトヨタ「ライズ」やダイハツ「ロッキー」もここに含まれる。このクラスは日本だけでなくヨーロッパの市場でも右肩上がりで伸びており、注目のジャンルとなっている。

 C3エアクロスSUVは、その名のとおりシトロエンのコンパクトモデル「C3」をベースに開発されている。

 そもそも、ベースとなるC3自体がSUVデザインをふんだんに採り入れた外観なのだが、新しく登場したC3エアクロスSUVは、ルーフレールやアルミのアンダーガードなどで、よりSUVらしさを強調しているのが特徴だ。

 全長4160mm×全幅1760mm×全高1630mm、ホイールベースは2605mmと、C3と比較すると全長で165mm、全高は135mm、ホイールベースは70mmそれぞれ大きくなっている。

 これにより、C3では300リッターだった荷室容量は、C3エアクロスSUVでは410リッター、後席スライドをいちばん前にすると520リッターへと広がっている。また助手席シートバックを折りたたむと2.4mの長尺ものまで積載することが可能だ。

 搭載エンジンは、プジョー/シトロエン/DSのモデルではおなじみとなった1.2リッター「ピュアテック」直列3気筒ガソリンターボ。110馬力/205Nmを発生するエンジンは、アイシンAW製6速ATと組み合わされ、WLTC燃費は14.7km/Lを誇る。

 グレードは「FEEL(フィール)」と「SHINE(シャイン)」の2種類。車両価格はフィールが263万8000円(消費税込。以下同)、シャインが279万1000円。またパノラミックサンルーフやグリップコントロール、17インチアルミホイール、オールシーズンタイヤが着いたパッケージオプション「シャイン パッケージ」は、シャインにプラス23万4000円となる。

Gallery:ポップなデザインがかわいい C3エアクロスSUVを画像で見る(28枚)