伝説のツーリングカーBMW初代「M3 DTM」がルーマニアで復活!? 盛り上がる仮想レース

BMWは、歴史的なツーリングカー、初代M3(E30)DTMを用いたシミュレーションレースがルーマニアで開催されており、盛り上がりを見せていることを発表した。

新型コロナウイルス感染拡大でも「ステイホーム」で楽しめるレース

 BMWは、ルーマニアで伝説のツーリングカー、初代「M3 DTM」を用いたシミュレーションレースが盛り上がりを見せていることを発表した。

初代M3 DTMを使ったバーチャルレース「レーシングリーグルーマニア」の様子。迫力あるバトルが繰り広げられる

 DTMはドイツツーリングカー選手権のことで、1980年代のツーリングカーレースのビッグネームのひとつ。

 ロベルト・ラヴァリア、ジョニー・セコット、スティーブ・ソパー、エリック・ヴァン・デ・ポール、ハラルド・グロースなどが初代M3 DTMのハンドルを握り、数多くの勝利とタイトルを獲得、BMWのモータースポーツの歴史を刻んだ。

 いま、この初代M3 DTMがシミュレーションレースで復活を遂げている。このバーチャルレースシリーズはルーマニアで人気が高く、BMWグループルーマニアがタイトルパートナーとしてサポートしている。

 これらのレースはBMWグループ・ルーマニアのfacebookページでライブ配信される。またテレビ中継され毎週何万人もの視聴者を魅了しているという。

 最近では150人以上のシミュレーションレーサーが予選をおこない、決勝のスターティンググリッドには30台のマシンが並ぶ。

 BMWグループ・ルーマニアのマーケティングマネージャーAndreea Ciglenean氏は「コロナウイルス感染拡大により実際のレースが不可能となった時期に、こうしたシリーズが開催されていることは非常に嬉しいことです。このプロジェクトは自宅にいながら、安全にレースができます。これは現状はとても重要なことです」とコメントした。

 このシミュレーションレース「レーシングリーグルーマニア」のプラットフォームは人気のレーシングシミュレーションであるAssetto Corsaを使用している。

Gallery:80年代の伝説のレースが蘇る! 初代M3 DTMを画像で見る(10枚)