VAGUE(ヴァーグ)

初体験はいきなり雪道で! スバルが新しい電気自動車「ソルテラ」の試乗会を雪上で開催した理由

新たなフェーズに入ったトヨタとスバルの関係性

「ソルテラ」はスバルブランド初となる量産EV(電気自動車)だ。トヨタ「bZ4X」と共同開発されたモデルであり、生産はトヨタの工場でおこなわれる。

トヨタのbZ4Xと共同開発された兄弟車でありながら、装備類や走り味にはしっかりとスバルテイストが感じられるソルテラ
トヨタのbZ4Xと共同開発された兄弟車でありながら、装備類や走り味にはしっかりとスバルテイストが感じられるソルテラ

 トヨタとスバルのパートナーシップから生まれたモデルといえば、トヨタ「GR86」とスバル「BRZ」が思い浮かぶ。しかしbZ4Xとソルテラは、GR86/BRZとは異なる手法によって生み出された。

 GR86/BRZでは、商品企画やデザインについてはトヨタが主導し、開発、実験、製造はスバルが担当するという、ある種の分業制がとられていた。しかし、bZ4Xとソルテラは両社のスタッフが集結してプロジェクトチームを結成し、製品企画やデザイン、開発、実験を共同でおこなっている。トヨタとスバルの関係性が新たなフェーズに入ったことを感じさせるエピソードだ。

 しかし、同じチームで開発されたモデルとはいえ、出来上がった2台は見た目を少し変えてお茶を濁しただけの関係ではない。bZ4Xにはトヨタらしさが、ソルテラにはスバルらしさがしっかりと注ぎ込まれており、装備内容や走り味などで明確な差別化が図られている。

 それにしても驚いたのは、ソルテラ・プロトタイプの試乗会場がクローズドの雪上コースだったこと。実はその2日前、筆者はbZ4Xのプロトタイプを試乗したのだが、その会場はドライのサーキットだった。一方、ソルテラのように、プロトタイプを“いきなり雪道”で試乗させるのは極めて異例。あらゆるシチュエーションで優れた性能を誇示するスバルらしいコース選択だと思った。

ソルテラのフロントマスクは、ヘッドライトとフロントバンパー、フォグランプなどがbZ4Xとは異なる
ソルテラのフロントマスクは、ヘッドライトとフロントバンパー、フォグランプなどがbZ4Xとは異なる

 ソルテラのエクステリアは、ヘッドライト、フロントバンパー、リアコンビネーションランプ、アルミホイールなどがbZ4Xのそれとは異なる。

 また、タイヤの周囲や車体下部を覆う樹脂パーツも、ソルテラは全グレードとも無塗装の素地仕上げとなるのに対し、bZ4Xの上級グレードは表面に塗装を施したものとなる。ソルテラの開発者によると、「汚れや細かいキズを気にすることなく、オフロードやアウトドアを楽しんでほしいとの思いからソルテラは素地仕上げを選んだ」ということだ。

 ソルテラ(とbZ4X)は、そのプロポーションにもスバルらしさが息づいている。その要因のひとつが、210mmという最低地上高だ。これは「EVであっても悪路走破性は外せない」と考えたスバルが真っ先にこだわった部分であり、その思いをトヨタ側が受け入れたことで、たっぷりとした最低地上高が確保された。

 また、一般的に長い方が空気抵抗を軽減できるとされる前後のオーバーハングも、トヨタ側との喧々諤々の議論の末、当初のプランに比べて短くしたという。その理由も、悪路走破性の向上に欠かせないアプローチアングルとデパーチャーアングルを稼ぐためだという。

 メカニズム面では、極悪路でタイヤの空転を防ぐスバルの4WD制御技術“X-MODE”が、ソルテラだけでなくbZ4Xにも搭載されているのが興味深い。また、ソルテラの4WD車は、ショックアブソーバーをbZ4Xのそれより硬くしている。これは、スバル車らしいシャープでキビキビとした走り味をねらっての差別化だという(2WD車のセッティングは両車共通)。

Next自制していれば雪上でもなにかが起きそうな気配は皆無
Gallery【画像】トヨタ版とは明確に差別化された「ソルテラ」の細部を写真で見る(23枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND