VAGUE(ヴァーグ)

新時代のツーリングバイクがついに登場! 高い動力性能と快適性を両立したスズキ「GSX-S1000GT」の実力とは

ロングツーリングに特化した新型スポーツツアラー

 スズキの新型「GSX-S1000GT」は、2015年に発売された先代モデル「GSX-S1000F」の単なる後継モデルではない。快適な長距離走行を想定した新しいグランドツアラーとして、新たに“GT”の名を冠している。

バイクの楽しさ、使いやすさ、そして驚きの動力性能を具現したスズキの新しいツーリングバイク「GSX-S1000GT」
バイクの楽しさ、使いやすさ、そして驚きの動力性能を具現したスズキの新しいツーリングバイク「GSX-S1000GT」

 新しい「GSX-S1000GT」の基本コンポーネントは、2021年に登場したネイキッドマシン「GSX-S1000」と共通ながら、さらに上質なツーリング体験を実現するため、タンデム性能や積載性、快適性などツーリング性能を向上させている。

 開発を担当したスズキの二輪営業・商品部 チーフエンジニアの安井信博さんは、本機のポイントを次のように語る。

「新しい『GSX-S1000GT』は、高い動力性能をより扱いやすくチューニングし、最新のトレンドデザインと空力性能を融合させたフルカウル仕様のロードスポーツモデルです。GTという名のとおり、長距離走行の快適性も兼ね備えたスポーツツーリングモデルに仕上がっています」

「GSX-S1000GT」の特徴のひとつであるフルカウルは、GTとして求められるエアロダイナミクスを追求し、高い防風効果を実現したもの。大型のウインドスクリーンはやや立てた形状になっており、ライダーに当たる風を軽減する。

 フェイスデザインは、モノフォーカスタイプのLEDヘッドランプやノーズ部のV型ポジションランプ、シャープなミラーなどにより、印象的な表情に仕上がっている。

 エンジンは、「GSX-R1000」のものをベースとしつつ、電子制御スロットルを新たに採用。なめらかで豊かなトルク特性を持ち、低回転域から高回転域までスムーズなパワーデリバリーを実現する。排ガス規制や騒音規制に適合させつつも、従来モデルより最高出力を向上させた点にも注目だ。

Next電子制御システムが快適なツーリングをサポート
Gallery【画像】快適なツーリングをサポートする電子制御満載のツーリングバイクを見る(16枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND