VAGUE(ヴァーグ)

【フェラーリ初試乗】新型「296GTB」で300キロ走行! サーキット全開で分かった本当の姿とは

これからのフェラーリの屋台骨となるのは「296GTB」だ

“スペチアーレ”(超限定車)の「ラ フェラーリ」を除けば、「SF90」シリーズに続くマラネッロハイブリッドモデルの第2弾が「296GTB」だ。いずれもプラグインハイブリッドシステムを積み、マラネッロ電動化の第一章の幕開けというべきだろう。

フェラーリがスポーツモデル(2シーターのベルリネッタ)試乗会をマラネッロ&フィオラーノ以外で開くことは初めて。サーキット「モンテブランコ」が試乗会の起点となった
フェラーリがスポーツモデル(2シーターのベルリネッタ)試乗会をマラネッロ&フィオラーノ以外で開くことは初めて。サーキット「モンテブランコ」が試乗会の起点となった

●ついにマラネッロ以外での試乗会を開催

 SF90シリーズはしかし、V8エンジンにフロント2、リア1という3モーターを組み合わせ、マラネッロのロードカーラインナップにおいては12気筒モデルを上回る性能と価格帯のモデルとなっていた。つまり次世代のフラッグシップ扱いに近く、セールスの大黒柱はあくまでもリア1モーターのPHEVとした296GTBである。

 マラネッロの伝統に則ってその車名を読み解けば、「2.9リッターの6気筒エンジンを積むGTクーペ」となる。この車名からは「ディーノ246gt」やその後継というべき「308GTB」を思い出された方も多いだろう。主力モデルとして半世紀近く続いた2シーターV8ミドシップラインナップの後継機だと思って差し支えない。

 V8からV6へとダウンサイズした代わりに電気モーターと大容量バッテリーを積み込み、パフォーマンス的には「F8トリビュート」を遥かに上回った。価格も、だ。6気筒モデルといっても決して廉価版ではない。ディーノと名乗らなかった所以もその辺りにあるだろう。

 マラネッロ期待の、そして重要な新世代モデルというわけで、そのローンチ国際試乗会の場所として選ばれたのはスペイン・セビーリャだった。セビーリャといえば海外試乗会のいわばメッカのひとつ。いつもなら驚くこともないのだが、今回は違った。

 フェラーリがイタリア国外でこの手の試乗会を開催すること自体が初めて。さらにいえばスポーツモデル(2シーターのベルリネッタ)試乗会をマラネッロ&フィオラーノ以外で開くことも初だった。意気込みの強さがわかるというものだ。

Nextサーキットとワインディングで目一杯「296GTB」を試す!
Gallery【画像】マラネッロから飛び出したフェラーリ初の「296GTB」試乗会を見る(30枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND