VAGUE(ヴァーグ)

身だしなみはもちろん除菌にも効果的! パナソニックの衣類スチーマーがパワフルなのに手軽な秘密

パワフルスチームでシワやニオイを簡単ケア

 パナソニックから、衣類のシワやニオイのケアを簡単におこなえる、新しい衣類スチーマーが2モデル登場した。

 衣類スチーマーの最大の特長は、衣類をハンガーにかけたままスチームを当てられること。アイロンのようにプレスする必要がなく、忙しい朝でも短時間に衣類のシワやニオイをとることができる。

パナソニックの衣類スチーマーに搭載される“360°パワフルスチーム”は、上、下、横など、どの向きで使っても、また、どこまで傾けても、スチームを安定して噴射。衣類の広い面から襟や袖の細かい部分、そして裾まで、簡単にケアできる
パナソニックの衣類スチーマーに搭載される“360°パワフルスチーム”は、上、下、横など、どの向きで使っても、また、どこまで傾けても、スチームを安定して噴射。衣類の広い面から襟や袖の細かい部分、そして裾まで、簡単にケアできる

 新モデルは従来品と比べて、「NI-FS780」が約15g、「NI-FS580」が約10gの軽量化を実現。さらに、好評の低重心設計により腕への負担に配慮している点も魅力だ。ちなみにハンドルには抗菌加工が施されており、清潔性にも配慮している。

 そんなパナソニック製衣類スチーマーの一番のウリは、従来モデルから継承される“360°パワフルスチーム”機能だろう。

「パナソニックの独自技術である“360°パワフルスチーム”は、上、下、横など、どの向きで使っても、また、どこまで傾けても、スチームが安定して噴射されます。そのため、お使いになる方の利き腕を問わず、衣類の広い面から襟や袖の細かい部分、そして裾まで、簡単にケアできるのです」

 新モデルのポイントをこう語るのは、パナソニックのマーケティング担当・山下恵さん。

「どのような向きでも安定してスチームを噴射できるのは、パナソニック独自のタンク構造に秘密があります。タンクが傾いていても吸水口が常に下を向くように設計されており、タンク内の水が常に供給できるようになっています。

 また新モデルでは、さらなる本体の軽量化を実現したことにより、ご好評いただいている立ち上がりスピードの速さもあいまって、より手軽に、そして本格的に衣類ケアをおこなえるようになりました」(山下さん)

 なお、パナソニックの衣類スチーマーはアイロン面がフラットなため、一般的なアイロンのようにプレス仕上げも可能だ。ハンカチやワイシャツなど、ファブリックの種類に応じて使い分けられるのも魅力といえる。

アイロン面がフラットなため、一般的なアイロンのようにプレス仕上げも可能。ハンカチやワイシャツなど、ファブリックの種類に応じて使い分けられるのも魅力だ
アイロン面がフラットなため、一般的なアイロンのようにプレス仕上げも可能。ハンカチやワイシャツなど、ファブリックの種類に応じて使い分けられるのも魅力だ

●4倍のスチーム量でしっかり脱臭、さらに除菌もできる

 さらに、新しい衣類スチーマー2モデルは、通常の約4倍(「NI-FS580」は3倍)に相当する量のスチームを瞬間的に噴射できる“瞬間4倍パワフルスチーム”機能を従来モデルから継承する。

 これは、がんこなシワをしっかりケアできる上、タバコ、ペット、生乾き、焼肉、汗臭という“生活5大臭”や、加齢臭、防虫剤臭などの除去や、花粉やダニ由来のアレル物質を抑制する効果を期待できる機能。頻繁に洗うことが難しいコートやジャケット、ニット類のお手入れにもうってつけだ。

 ちなみに「NI-FS780」には約115ミリリットル、「NI-FS580」には約50ミリリットルのタンクが備わり、前者は約10分、後者は約4分の連続使用が可能。コートやジャケット1着なら、給水なしに全体にスチームを当てられるため忙しい朝に重宝する。

●製品仕様
☆NI-FS780
・価格:オープン価格
・重量:約690g
・サイズ:約W80×D165×H130mm
・カラー:カームグレー、アイボリー

☆NI-FS580
・価格:オープン価格
・重量:約680g
・サイズ:約W70×D150×H150mm
・カラー:グレイッシュネイビー、ベージュ

Gallery【画像】忙しい朝もしっかり身だしなみを整えられる衣類スチーマーの詳細を見る(6枚)

RECOMMEND