VAGUE(ヴァーグ)

ついにBMWが「V12エンジン」を生産中止!? 絶滅まで秒読みだからこそ注目集まる12気筒エンジンの未来とは?

BMWがついに最後のV12モデルを発表!?

 たっぷりの空気を吸い込んで、たっぷりの燃料を燃やして、という大排気量多気筒エンジンはパワーの象徴だった。そして、12気筒エンジンはごく一部のスポーツカーや高級車にしか搭載されることはなく、富の象徴でもあった。

多くの高級車メーカーでトップモデルに採用されている12気筒エンジン。とくに、完全バランスエンジンと呼ばれているV12は、スーパーカーだけでなくラグジュアリーセダンでも採用されていた(C)BMW AG
多くの高級車メーカーでトップモデルに採用されている12気筒エンジン。とくに、完全バランスエンジンと呼ばれているV12は、スーパーカーだけでなくラグジュアリーセダンでも採用されていた(C)BMW AG

 12気筒エンジンの歴史を紐解くと、イギリスのパットニー・モーター社が1904年にレースボート用として開発に成功したのが最初と思われる。2名の創業者の名前をとって“クレイグ・ドーウォルド”エンジンと呼ばれていたという。1909年には、ルノーが12気筒エンジンを完成させるも、それは自動車用ではなく航空機用のものとしてだった。

 一般には自動車用の12気筒エンジンが登場したのは1913年のことといわれている。イギリスのサンビーム・モーター・カー社が最高速トライアルをするために、排気量9リッターのV12エンジンを開発したのである。そして1920年には、サンビームが最高速度200マイル(320km/h)に挑むため、航空機用の18.2リッター(!)V12エンジンを転用した「350HP」が作られた。

●V12を搭載することに意義がある

 さて、12気筒エンジンを搭載した“量産車”が投入されたのは、1915年のパッカード・ツインシックスからだ。ツインシックス以降、高級車メーカーによる12気筒エンジンの採用が活発化した、といってもいいだろう。

 12気筒エンジンの利点は高回転型だったり、最高出力だったり、バランスに優れている、などといわれているが、ともかく、排気量の大きさ、気筒数の多さは「大は小を兼ねる」ということなのだろう。そして無駄の美学こそが、富裕層にウケる所以でもあった。必要か否かではなく、買えるから……、という世界観だ。

Next生産中止の後に、12気筒エンジンバブルが訪れる!?
Gallery【画像】買って味わうなら今しかない「V12エンジン」を見る(12枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND