VAGUE(ヴァーグ)

ヘリの2倍の速さの「空飛ぶクルマ」とは? ホンダの「eVTOL」にはないヴォックス・エアクラフトの強みとは

ヘリコプターと航空機のいいとこどりした垂直離着陸機

「空飛ぶクルマ」は長年、子供たちをときめかせてきたフレーズのひとつだ。ただ、滑走路を必要とする飛行機のようなものよりも、一般的に親しまれているマルチブレードを持った「ドローン」を大型化した垂直離着陸機(VTOL)が覇権を握りそうだ。

ヴォックス・エアクラフト製VTOLのイメージ。プロペラ周囲を翼で囲むこむことによって、プロペラに鳥のような障害物が接触するのを防いでいる(C)Vox Aircraft
ヴォックス・エアクラフト製VTOLのイメージ。プロペラ周囲を翼で囲むこむことによって、プロペラに鳥のような障害物が接触するのを防いでいる(C)Vox Aircraft

 クルマ業界だけでなくVTOL界においても「脱炭素」の流れは押し寄せていて、電動モーターだけで飛行するものは「eVTOL」と呼ばれている。ヴォックス・エアクラフトというベンチャー企業は、既存のジェット燃料と蓄電池で飛ぶハイブリッド、もしくは蓄電池オンリー、という多様なVTOLを開発中。

 また、ニーズがあればSAF(サスティナブル・オルタナティブ・フューエル:持続可能な代替燃料)や水素についても研究・開発する、と時代の流れを逃さないスタンスでもある。

●30年以上の開発実績があるヴォックス・エアクラフト社

 ヴォックス・エアクラフト社自体が設立されたのは2017年のことだが、実に30年以上に渡ってVTOLの開発に取り組んでおり、いくつかの特許も出願・取得している実力派である。

 COOで共同創業者である、ブライアン・モーガン氏がヴォックス・エアクラフト社の基本技術の特許を取得している。

 主翼の“付け根”に当たる部分に4機の離着陸用電動ターボファンを備え、ターボプロップエンジンで駆動するリアローターが前方への推力を発生させる。この組み合わせ、実はホンダが2021年9月に発表したeVTOLと似ている。離着陸と推進のパワーユニットを使い分けることでVTOLの安全性が向上するほか、航続距離や飛行速度の向上にもつながる。

Nextホンダの「空飛ぶクルマ」と違うポイントとは?
Gallery【画像】未来の小型航空機となりうる「垂直離着陸機」を見る(7枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND