VAGUE(ヴァーグ)

新型「M4」を100馬力アップ! カッコいいだけじゃない「シュニッツァー」エアロパーツの効果とは?

老舗BMWチューナーが手掛けた「M4」のチューニングメニューとは

 2021年秋にG80型「M3」用のチューニングパーツを発表したACシュニッツァーが、それから4か月経った2021年2月、G82型「M4クーペ」とG83型「M4コンバーチブル」用のアイテムを開発、発表した。

 今回発表されたのはパフォーマンスアップグレードと、M3用パーツの発表時には試作状態だったエキゾーストシステム、車高調整式のサスペンションキットと純正ショックアブソーバーを流用しながらローダウンが可能となるスプリングキット、エアロパーツを含んだエクステリアパーツ、ステアリングを含んだインテリアパーツとなっている。ひとつずつ詳細を確認していこう。

エキゾーストシステムも完成し、ACシュニッツァーの目指すM4がついに完成
エキゾーストシステムも完成し、ACシュニッツァーの目指すM4がついに完成

●最高で100馬力アップ!

 まずはパフォーマンスアップグレードから紹介しよう。

 純正DMEはそのままにパワーアップが可能となるパフォーマンスアップグレードには、ノーマルエキゾースト状態の510ps/6250rpm、650Nm/2750-5500rpmという出力を、590ps/6500rpm、750Nm/3500-4500rpmへと向上させる「ステップI」と、エキゾーストシステムをACシュニッツァー製へと交換することを前提とし、610ps/6250rpm、750Nm/4000rpmへと向上させる「ステップII」をラインナップしている。

 そのエキゾーストシステムはステンレス製で、左右2本ずつのテールパイプには、カーボン製Φ110mmのマフラーカッターが装備されている。このマフラーカッターは、単品販売もおこなわれている。

 車高調整式サスペンション、RSコイルオーバーは、バンプ側とリバウンド側をそれぞれに、減衰力調整が可能だ。推奨車高値は純正サスペンションからマイナス30〜40mmとなっている。

 純正ショックアブソーバーを流用するACシュニッツァー・スプリングキットは、純正スプリングと交換することで約15〜20mmのローダウンが可能だ。

 ホイールのサイズは前後とも20×10.0Jだが、タイヤサイズはフロントが285/30R20、リアは295/30R20となる。ホイールタイプは鍛造の「AC3」と、鋳造の「AC1」が用意される。

Nextひとめで分かるフルシュニッツァー仕様の「M4」とは
Gallery【画像】完全武装したACシュニッツァーの「M4」を見る(20枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND