VAGUE(ヴァーグ)

15分充電で180キロ走行可能! AMG新型「EQE43」と「EQE53」は本当に使える電気自動車かもしれません

申し分なし! AMG「EQE」の0−100キロ加速は3.5秒

 メルセデスAMGから、BEV(バッテリー駆動モデル)のニューモデルが2台同時に発表された。「EQE 43 4MATIC」と「EQE 53 4MATIC+」の両モデルがそれだ。

これまでAMGに求められるのは高いパフォーマンスとドライビングプレジャーであったが、BEVだと航続距離などもカスタマーに求められる要素だ
これまでAMGに求められるのは高いパフォーマンスとドライビングプレジャーであったが、BEVだと航続距離などもカスタマーに求められる要素だ

 現在のメルセデスAMGは、高性能な内燃機関を搭載するモデルを生産する一方で、BEVのニューモデルで製品ポートフォリオを拡大するプロセスにある。ちなみにこの2台のBEVは、いずれもラグジュアリー&プレミアムクラスのBEV用メルセデス・ベンツ・アーキテクチャー=EVA2を使用して開発されたもので、ドライブトレインやサスペンション、ブレーキ、サウンド、エクステリアとインテリアのデザイン装備品等々は、AMG独自のソリューションにより、よりダイナミックでエモーショナルなドライビングエクスペリエンスを実現している。

 CO2排出量はもちろんいずれのモデルもゼロ。WLTP試算での航続距離はEQE43が462~533km、複合電力消費は22.5~19.7kWh/100km、EQE53は同様に444~518km、23.2~20.3kWh/100kmと発表されている。

●AMG独自BEVへの布石!?

「今回誕生したふたつのニューモデルによって、純粋なBEVのラインナップを拡大し、新たなターゲットグループに対応していきます。EQE43はメルセデスAMGの電動ドライビングパフォーマンスのエントリーモデル。一方のEQE53はさらなるスポーツ性とドライビングダイナミクスを重視したモデルです。

 もちろんメルセデスAMGからのドライビングパフォーマンスの未来はこれで終わりではありません。そう遠くない将来、単独のAMG製BEVが登場することになるでしょう。これらは完全に我々メルセデスAMGが自社開発した、新型プラットフォームであるAMG.EAをベースにしています」

 そう語るのは、メルセデスAMG社の取締役会長フィリップ・シーマー氏だ。

 新型メルセデスAMG EQEモデルは、いずれもふたつのエレクトリック・モーターを搭載したパフォーマンス志向のドライビングコンセプトを採用したモデルだ。

 パワースペックはEQE43が476ps、EQE53では626ps。ただしEQE53のAMGダイナミックプラスパッケージでは687psにまでそのパフォーマンスを高めることができる。

 ちなみにこのパッケージを選択したEQE53の最大トルクは50Nmアップの1000Nm。バッテリーが70%以上の充電時には、0-100km/h加速が3.5秒から3.3秒に短縮され、最高速も220km/hから240km/hへと向上する。

 フロントアクスルとリアアクスルに搭載されているエレクトリック・モーターは、AMG専用の永久磁石式同期モーター(PSM)。EQE53のそれは巻線や積層を工夫し大電流化を実現。専用のインバーターを採用したAMG専用の独自のモーターとなっている。これによってモーターの高回転化が可能となり、加速時やトップスピード時に顕著なパワーを発揮するのだという。さらにローターの冷却やインバーターの冷却方式など、AMG独自の熱対策も見逃せないところだ。

NextAMGとはいえ気になる航続距離と充電時間は?
Gallery【画像】誇れるのは走行性能だけではないAMG「EQE」を見る(30枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND