VAGUE(ヴァーグ)

土屋鞄のワザが光る新シリーズは「ナチュラルで上質な国産ヌメ革」を使ったシンプルな革小物

革らしい革=ヌメ革を使ってシンプルさを追求

 1965年創業の老舗革製品ブランド・土屋鞄製造所から、上質な国産ヌメ革を使用したレザー小物シリーズ「NUME(ヌメ)」が新登場。シンプルなデザインのなかに美しいつくりが際立つ、長財布、小銭入れ、名刺入れ、IDカードケースなど11型が発売された。

使いやすさと携行性のバランスに優れた「NUME バイブル手帳」
使いやすさと携行性のバランスに優れた「NUME バイブル手帳」

 ヌメ革とは、植物の渋の成分であるタンニンでなめされた、素朴な仕上げの革。ナチュラルで上質感のある風合いや、キズやシワが刻まれた自然な表情、あたたかな手触りを持つ“革らしい革”として人気が高い。

 使いはじめは固いものの徐々にやわらかくなじみ、使い込むほど色ツヤが増して味わい深い風合いへと変わっていき、ていねいに使えば長年の愛用に応えてくれることから、革好きに高い人気を誇る革素材だ。

 そんなヌメ革を使った新シリーズ「NUME」の特徴について、土屋鞄製造所の広報・山登有輝子さんは次のように話す。

「『NUME』は、素材、デザイン、機能のすべてにおいてシンプルさを追求した、ヌメ革のナチュラルな上質感が特徴の新シリーズで、性別や年齢を問わず、幅広いシーンになじみます。同時に、贅沢な革使いと細部にまで手間をかけたていねいな仕立てで、ビジネスシーンにふさわしい品格も大事にしています。

 また、内装にもできるだけヌメ革をあしらい、上質感のある雰囲気に。外側を切り目仕立て、内側をヘリ返しで仕立てることで、陰影の立体感も大事にしました。そのほか、金具の色をシルバー、ステッチを革の色と同色にすることで、全体をすっきりとした印象に仕上げています」

Nextライフスタイルに合わせて選べる6種類の財布
Gallery【画像】ヌメ革のナチュラルな上質感が魅力的な土屋鞄の新シリーズを見る(17枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND