VAGUE(ヴァーグ)

時計史に名を残す「キングセイコー」が堂々のレギュラー化で凱旋!

グランドセイコーとの二枚看板を飾った伝説のコレクションがレギュラー化

 今をさかのぼること60年以上を数える1950年代後半、国産腕時計の新時代を切りひらくべく、ムーブメントの設計やデザインに独自の思想を宿した画期的なモデルを続々と発表したセイコー。

 代表的なものとして、1960年の誕生以来、国産腕時計の最高峰として君臨する「グランドセイコー」がよく知られているが、ほぼ同時代に生まれたもうひとつのブランド「キングセイコー」を忘れてはならない。

 1961年に発表された「キングセイコー」は、優れた性能と先進的なデザインに加えて、実用品としての適正な価格を実現し、高級腕時計としての新たな在り方を提示した。

 当時「グランドセイコー」との二枚看板により、互いに切磋琢磨しながら国産機械式時計の進化を牽引した「キングセイコー」だが、やがてクオーツ時計の普及という時代の趨勢もあり、1975年にその役割を果たして生産を終了する。

 この伝説的なタイムピースは、2000年にリリースされた“ヒストリカルコレクション”のひとつとして、あるいは2021年にも140周年記念モデルとして復刻されたことがあったが、これらはあくまでアニバーサリーモデルとしての限定的なもの。

 このたび発表された新生「キングセイコー」は、レギュラーモデルとしてはおよそ半世紀ぶりの復活となるものだ。

およそ半世紀の時を超えてレギュラーモデルとして復活
およそ半世紀の時を超えてレギュラーモデルとして復活

●オリジナルの思想・哲学はそのままに、現代的なスタイリングにアップデート

 レギュラーモデルの開発の土台となっているのは、通称“KSK”こと「キングセイコー」2代目モデル。初代モデルにはなかった防水性能や、秒針を止めて時刻合わせができる秒針規制装置といった実用性能を新たに搭載したモデルだ。

 ムダのないダイヤルレイアウトやエッジを際立たせたシャープなケース、ボックス型ガラスなど、コレクションとしてのデザイン性を確立したモデルともいわれる。

 しかし、復活したレギュラーモデルでは、太くしっかりとしたかん足の特徴をさらに際立たせることで現代的なスタイリングへとアップデートしている。

 多面カットが施されたケースには、異なるふたつの仕上げを組み合わせることでシャープな質感をいっそう強調。

 クラシックなボックス型サファイアガラスは、柔和な表情を演出するとともに、低重心化によって快適な装着感が体感できるようになっている。太く長い針のデザインもアップデートされた。

 ムーブメントは70時間のパワーリザーブを備えた自動巻きキャリバー・6R31。2021年モデルではカレンダー機能を搭載していたが、今回のレギュラーモデルではオリジナルの“KSK”と同じくこの機能を省くことで、端正な表情がストレートに楽しめる。

 またデザイン面からいえば、5種類そろったダイアルカラーからチョイスできるのも新たな楽しみ。

 ごつごつとした立体感を味わえる多列ブレスレットストラップは、別売のレザーストラップ(1万6500円~1万7600円、消費税込)に付け替えることもでき、組み合わせ次第でさまざまな装いに合わせられる。キングセイコーらしい手頃な価格設定もうれしいポイントだ。

●製品仕様
価格:19万8000円(消費税込)
ケース径:37mm
ケース厚:12.1mm
ケース:ステンレススチール
ガラス:ボックス型サファイアガラス(内面無反射コーティング)
ムーブメント:メカニカルムーブメント 自動巻き キャリバー 6R31
駆動時間:パワーリザーブ70時間
防水性能:日常生活用強化防水(10気圧)
発売日:2022年2月18日セイコーブティック先行発売、7月8日セイコーウオッチサロン発売

Gallery【画像】現代的にアップデートした「キングセイコー」を見る(7枚)

RECOMMEND