VAGUE(ヴァーグ)

荘厳な白樺ダイヤルの中で静かに時を刻む次世代スプリングドライブムーブメント

約120時間のパワーリザーブと平均月差±10秒の高精度を備えた“キャリバー9RA2”

 純白のダイヤルは、2021年のジュネーブ時計グランプリ・メンズウオッチ部門賞を受賞した、「メカニカルハイビート 80 Hours」にも採用されている、白樺林のイメージを型打ちした通称“白樺ダイヤル”。

 この時計が製造された、長野県塩尻市の“信州 時の匠工房”から近い広大な白樺林がモデルとなっており、同じ白樺ダイヤルでも「メカニカルハイビート 80 Hours」とは表情が異なる。

 模様の掘りが浅くなったことで輝きを増したダイヤルは、朝日の差し込んだ白樺林をイメージさせ、景色だけでなく、その静けささえも伝わってきそうだ。音もなく静かにダイヤルの上を進むスイープ運針も、静寂に包まれた白樺林を想起させるのに一役買っている。

 その静かな時の刻みをつかさどるのが、レギュラーモデルとして初めて搭載された次世代のスプリングドライブムーブメント「キャリバー9RA2」。

 このムーブメントが誇るのは、平均月差±10秒という高精度と、約120時間のパワーリザーブ。最大巻上時に5日間動き続けるというパワーリザーブは、大小ふたつの香箱を並べて配置する“デュアルサイズバレル”によって実現。

 ムーブメントの裏ブタ側にはパワーリザーブインジケーターが配置され、ケースバックから確認することができる。

 また、自動巻き上げ機構の“マジックレバー”を中心からズラした位置に配することでムーブメントの薄型化にも成功。さらに、りゅうずの位置を裏ブタ側に寄せ、時計全体の重心を下げたことで、より腕になじみやすくなっているのも特徴といえる。

信州の自然が生む“霧氷”をムーブメントの仕上げ加工で表現した「信州霧氷仕上げ」
信州の自然が生む“霧氷”をムーブメントの仕上げ加工で表現した「信州霧氷仕上げ」

●美しく、見やすく、永く使える、エボリューション9スタイル

 ケースやブレスレットなどの造形は、グランドセイコーの伝統的なデザイン文法に、“光と陰の間”に美しさを見出す日本人独自の感性を取り込んだもの。さらに時計としての視認性や装着感を進化させた、新たなデザイン文法に沿った仕上がりとなっている。

 これは、審美性、視認性、装着性の進化という、3つのデザイン方針をもとに、“節目を主体に鏡面と連ねた多面ケース”や“深い溝を入れた多面的なダイヤカットインデックス”、“低重心ケース”など、9つのデザイン要素によって定義。

 研磨技術の最高峰ともいわれるザラツ研磨による、歪みのない鏡面と繊細なヘアライン仕上げの調和が織りなす、“光と陰の間”の和のともしびは、日本人の美意識に訴えかけてくるものがあるはずだ。

 なお、“シリーズ9”と呼ばれていたデザインシリーズは、今作の登場から“エボリューション9スタイル”としてコレクション化。今後の新作からも目が離せない。

 目まぐるしく状況が変わる混沌とした世の中でも、柔らかな光を放ち、心を落ち着かせるように静かに時を刻むエボリューション9スタイル。新たな強心臓を得て、これから先も動き続けることだろう。

●製品仕様
・価格:104万5000円(消費税込)
・ケースサイズ:横40mm/縦47.6mm/厚さ11.8mm
・ケース:ステンレススティール
・ストラップ:ステンレススティール/クロコダイル(別売オプション)
・ガラス:デュアルカーブサファイア
・ムーブメント:キャリバー9RA2
・パワーリザーブ:約120時間
・防水性:日常生活用強化防水(10気圧)

Gallery【画像】「Evolution 9 Collection スプリングドライブ 5 Days」を見る(4枚)

RECOMMEND