VAGUE(ヴァーグ)

テントのシワまで再現「テーブル上でキャンプ気分を味わえる」ミニカーと並べても好相性の精密模型

本物を3Dスキャンしてシワまでモデル化

 1/43スケールのミニカーが人気を集めているメーカー・ヒコセブン。そんな同社の「TABLE CAMP」シリーズから、レジン製の塗装済み完成品「モンベル キャンプセット ムーンライトテント2型」が登場した。

サイズはヒコセブンのミニカーと合わせて飾るのにちょうどいい1/43スケール。テーブル上にキャンプシーンを再現したり、写真に撮ってSNSで披露したりと楽しみ方は多彩だ
サイズはヒコセブンのミニカーと合わせて飾るのにちょうどいい1/43スケール。テーブル上にキャンプシーンを再現したり、写真に撮ってSNSで披露したりと楽しみ方は多彩だ

 今回モデル化されたモンベルの「ムーンライトテント」は、1979年に誕生。現在でも販売が継続しているロングセラーだ。そのコンセプトは「月明かりのなかでも設営できるテント」というもので、軽量かつ広々とした室内空間を備えつつ、設営しやすい点が人気の秘密。

 また、世界一過酷なラリーといわれたパリ-ダカールラリーの第8回大会(1986年)に参加したチームACPが、「ムーンライトテント」の5型と1型を現地に持参したという記録も残るなど、その道のプロからも高い信頼を置かれているテントだ。

 そんな「ムーンライトテント」のなかでも、1〜2人用の2型はソロキャンプや登山、自転車やバイクツーリングなど幅広く活躍するモデルとして高い人気を集めている。ヒコセブンの「モンベル キャンプセット ムーンライトテント2型」は、そうした人気テントをはじめ、同じモンベルの焚き火台やタープ、ファニチャー、クッカーなどもモデル化している。

Next本物を3Dスキャンしてシワまでモデル化
Gallery【画像】ディテールまで本物そっくりのリアリティを写真で見る(4枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND