VAGUE(ヴァーグ)

HDMIケーブルでテレビとすぐにつながる「上からいい音が降り注ぐ」リアルな3D音響を奏でるサウンドバー

7基のドライバーで立体音響を実現

 1910年に誕生した老舗オーディオブランド・デノンから、ワイヤレスサブウーハーつきDolby Atmosサウンドバー「DHT-S517」が登場した。

 サウンドバーのカテゴリーではミドルクラスに位置づけられるモデルでありながら、デノン初のDolby Atmosイネーブルドスピーカーを内蔵しているのがポイントだ。

HDMIケーブル1本でテレビとつなぐだけで本格的な立体音響も再現する「DHT-S517」
HDMIケーブル1本でテレビとつなぐだけで本格的な立体音響も再現する「DHT-S517」

 サウンドバーは内部にいくつものスピーカーユニット(ドライバーユニット)を搭載しており、それぞれが固有の役割を担っている。新しい「DHT-S517」では、主に中高域帯の再生を担う直径25mmのツイーターを左右端に計2基、主に中音域の再生を担う直径40mmのミッドレンジドライバーを2基、さらに人の声の再現性を高めるセンタースピーカーを1基搭載している。

 さらに、「DHT-S517」は立体的な音場空間を再現すべく、上方に音を放射する2基のDolby Atmosイネーブルスピーカーを搭載する。斜め上に向けて取りつけられたドライバーから放射されるサウンドが天井に反射し、上方からリスナーに降ってくるかのような音の再現が可能となった。

 これにより、DSP処理による人工的なバーチャルサラウンドでは体験できない、リアルな3Dサウンドを堪能できるようになり、立体音響の音声フォーマットであるDolby Atmosのサウンドを再現できるようになった。

Next重低音再生を実現するワイヤレスサブウーハーもセット
Gallery【画像】映画もピュアオーディオもいい音で鳴らす新作サウンドバーを写真で見る(9枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND