VAGUE(ヴァーグ)

ランボルギーニ「ウルス」を軽く超えた720馬力!! マンハートのカッコよさ引き立つBMW「X5M」ベースの「MHX5 700」とは

マンハートが贈る、720馬力のモンスター「X5M」

 漆黒の闇を表すかのようなブラックのボディに、鮮やかなゴールドのピンストライプ。このデフォルトカラーは、ドイツのチューニング・メーカー「マンハート」を象徴する組み合わせだ。

625psのオリジナルでは物足りないというカスタマー向けにパワーアップしたマンハート「MHX5 700」
625psのオリジナルでは物足りないというカスタマー向けにパワーアップしたマンハート「MHX5 700」

●ネーミングどおりの700馬力オーバー

 今回紹介するF95、すなわちBMW「X5 Mコンペティション」もこのカラーリングが採用されており、バックミラーにその姿を認めたら、即座に追い越し車線を譲る覚悟をした方が無難な選択といえる。

 なぜなら「MHX5 700」とネーミングされたこのモデルには、かつての、いや現在でもスーパースポーツカーのエリートだけが持つパワーポテンシャルを持つエンジンが搭載されているからだ。

 ベースとなるBMW X5 Mコンペティションに搭載されているエンジンは、4.4リッターV型8気筒ツインターボで、最高出力&最大トルクは625ps&750Nm。

 このポテンシャルは、一般的なユーザーにとっては刺激的な数字なのかもしれないが、Mコンペティションのユーザーには、まだまだ物足りないと考える者も多い。たとえば最高出力で700psというラインを突破してくるようなクルマを望んでいるパワージャンキー達である。

 つまり、マンハートが車名に与えた「700」という数字は、カスタマーに何を提供するのかをもっとも的確に表している。

 同社製のMHトロニックを新たに装備するか、あるいは純正のECUをリマッピングするかによって、V型8気筒ユニットのスペックは730psと900Nmにまで高められ、さらにマンハートによって開発されたバルブコントロール付きステンレス製エグゾーストシステムも、それに組み合わされている。

 ただしこのエグゾーストシステムは、現在の段階ではTUVによる承認が得られていないため、輸出専用のアイテムとして販売されている。

Next30ミリローダウンでルックスもバッチリなホイールは?
Gallery【画像】カッコよさ引き立つマンハートの「X5M」のディテールを見る(22枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND