VAGUE(ヴァーグ)

クルマのシート生地に着想を得た「抗ウイルス加工済み新素材」がビジネスリュックの衛生問題を解決

抗ウイルス&抗菌加工を施した高性能合成皮革

 バッグメーカーのエースが展開するバッグ&ラゲージブランド・ace.から、シリーズ累計販売20万個を突破したビジネスリュック「ガジェタブル」シリーズの新作が登場。

 抗ウイルス・抗菌加工を施した高性能合成皮革“バーテクトクロス”をボディに初めて使用したビジネスリュック「ガジェタブル バーテクト」がそれで、3サイズを2022年2月中旬から全国展開する(直営店・公式オンラインストアでは先行販売中)。

電車で通勤するビジネスパーソンに最適な機能と抗ウイルス・抗菌という安全・安心の機能を兼備した「ガジェタブル バーテクト」
電車で通勤するビジネスパーソンに最適な機能と抗ウイルス・抗菌という安全・安心の機能を兼備した「ガジェタブル バーテクト」

 今回採用された新素材“バーテクトクロス”の特徴について、エースの広報PR・森川泉さんは次のように話す。

「“バーテクトクロス”は、自動車のシートの素材を手がけるミドリオートレザーさんの技術を利用して誕生した高性能合成皮革です。衛生意識の高まりにこたえる抗ウイルス加工を施した新素材で、ウイルスを99.99%減少させる高い抗ウイルス性能に加え、抗菌・安全性・耐久性・防汚性を備えています」

「ガジェタブル バーテクト」はこの“バーテクトクロス”をボディに使用するほか、手で触れる機会の多いハンドル部分に“抗ウイルス加工レザー”を採用。またフロント部分には、抗ウイルス・抗菌加工生地を内側に使用した“バーテクトポケット”を搭載しており、スマートフォンやマスクなど衛生面が気になるアイテムの収納に活躍する。

Next“前に抱えられる”電車乗車時にも使いやすい設計
Gallery【画像】抗ウイルス性と使い勝手を兼備したビジネスリュックを写真で見る(13枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND