ついに登場した新型ハリアーと輸入車ナンバーワンSUV メルセデスGLCを比べてみた

2020年4月13日にワールド・プレミアされたトヨタ新型「ハリアー」。本来、4月におこなわれる予定だったニューヨークショーで発表されるはずだったが、今回ニューヨークショーが8月に延期されたため、このタイミングでの初公開となった。日本専用モデルではなく、世界の市場で販売されることになる新型ハリアーのライバルは、どんなモデルになるのか。

新型ハリアーのライバルはX3やGLC、XC60など人気のSUVになる

 2020年4月13日、トヨタ「ハリアー」がフルモデルチェンジし、4代目の新型となって姿を現した。

 発売は同年6月17日(予定)となるため、まだ価格やグレードなどは発表されていないが、現行型のハリアーと比較すると全長はプラス15mm、全幅プラス20mm、全高はマイナス30mm。つまり新型ハリアーは、全高4740mm×全幅1855mm×全高1660mmというスリーサイズとなっている。より大きく、そしてワイド&ローのスポーティなスタイリングに生まれ変わった。

 ハリアーは1997年に初代モデルが登場。アメリカ市場でレクサス「RX」として翌1998年に発売すると、爆発的にヒット。のちにBMWやメルセデス・ベンツ、ポルシェなどもSUV市場に参入するきっかけとなった、まさに「プレミアムSUV」セグメントをつくったモデルといえる。

 今回はそんな新型ハリアーと、日本でもっとも売れている輸入車SUV、メルセデス・ベンツ「GLCクラス」を比較してみよう。

トヨタ新型「ハリアー」とメルセデス・ベンツ「GLC」

 ひとことでミドルクラスSUVといっても、全長をもとにさらに細分化することができる。

 輸入車のミドルクラスSUVで見ると、まずは全長4.5m未満のクラスがある。これはVW「ティグアン」(全長4500mm)、アウディ「Q3」(全長4400mm)、BMW「X1」(全長4455mm)、メルセデス・ベンツ「GLA」(全長4430mm)、ボルボ「XC40」(全長4420mm)などが当てはまる。

 続いては全長4.7m前後のクラス。アウディ「Q5」(全長4680mm)、BMW「X3」(4720mm)、メルセデス・ベンツ「GLC」(全長4670mm)、ポルシェ「マカン」(全長4680mm)、ボルボ「XC60」(全長4690mm)など、ここには日本でも人気のSUVが集まる。

 そして全長5m前後のクラス。これはアウディ「Q7」(5070mm)、メルセデス・ベンツ「GLE」(4930mm)、BMW「X5」(4910mm)、ボルボ「XC90」(4950mm)、ポルシェ「カイエン」(全長4930mm)などがあてはまる。

 さらには、これに加えてメルセデス・ベンツ「GLCクーペ」やBMW「X4」、アウディ「Q8」などの、いわゆる「クーペSUV」と呼ばれるモデルもある。

 新型ハリアーは全長4740mmとなるため、上記のカテゴライズでいくとミドルクラスSUVのなかの真ん中のクラスに分類される。つまり新型ハリアーの直接のライバルは、価格を無視してサイズ感だけでいうと、X3やQ5、GLC、XC60やマカンということになる。

Gallery:ミドル級SUV対決!新型ハリアーとメルセデスGLCを画像でチェック(39枚)