VAGUE(ヴァーグ)

劇的にカッコいいシンガーポルシェ最新情報! 「930ターボ」を再考した新作はRRと4WDから選択できる?

シンガーポルシェから初のロードゴーイングターボ誕生

 アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置く「シンガー・ビークル・デザイン」社は、2009年に誕生して以来、一貫してポルシェ964型「911」をベースとしたレストモッド、すなわち現代の最新技術を採り入れたレストアを続けてきたメーカーだ。

「930ターボ」の特徴をよく捉えて再考された「ポルシェ911リイマジンド・バイ・シンガー・ターボ・スタディ」
「930ターボ」の特徴をよく捉えて再考された「ポルシェ911リイマジンド・バイ・シンガー・ターボ・スタディ」

 レストモッドをおこなう本拠地となるのは、遠く離れたイングランドのビスター・ヘリテージに設立された、イギリス本社ファクトリー。ここで完成され、2009年のモントレー・フェスティバル・カー・ウイークで発表された「ポルシェ911・リイマジンド・バイ・シンガー」こそが、彼らの記念すべき第1号車だった。

●「964」で「930ターボ」を再考

 この車名が物語るように、レストモッドという言葉は、リイマジンド(再考された)という表現に置き換えてもよいだろう。ポルシェの964型911をベースに、そのデザインやメカニズムを再考。シンガーが現在持つ最新技術のすべてを投じて、それは完成されるのだ。

 ちなみにシンガーの掲げる企業理念は「Everything is important」。いかに小さな部分においてもシンガーとしてのレストアに拘り、また象徴的なデザインの創造に情熱を注ぎ、世界でもっとも象徴的なスポーツカーにオマージュを捧げること。

 さらには近代的なエンジニアリングと材料科学の組み合わせが美しく実行されたインテリアやそのディテール、またカリフォルニアとの深いつながりとそこでの自動車にかかわる時代の思想をも表現することが、彼らにとっての重要なコンセプトとなっている。

 今回発表されたニューモデルの名前は、「ポルシェ911リイマジンド・バイ・シンガー・ターボ・スタディ」。

 現在の段階ではまだスタディの文字が車名には添えられているが、例年どおりの新車発表のスケジュールに従うのならば、8月半ばのモントレー・カー・ウイークで、あるいは6月半ばのグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、その実車が披露される可能性が高い。

 ターボチャージャーを採り入れたレストアサービスを望むカスタマーのリクエストから始まったこのプロジェクトには、すでに70人以上の予約が集まっているというから、それはシンガーにとっても将来的にきわめて大きなビジネスになることは確かだ。

Next「930ターボ」にインスパイアされたシンガーポルシェとは
Gallery【画像】劇的にカッコイイ「シンガーポルシェ930ターボ」を見る(17枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND