VAGUE(ヴァーグ)

F1マシンと同じカーボンを採用! 14.0型でアンダー1kgの強靭ボディを実現した日本の技術力

14.0型ワイドディスプレイながらアンダー1kgを実現

 VAIOのノートパソコン最上位モデル「VAIO Z」に2022年モデルが登場した。

 最新OSであるWindows 11をプリインストールし、プロセッサには高性能なインテル Core i7-11390Hを搭載。さらに、オンライン会議の際に周囲の環境音を抑制する“AIノイズキャンセリング機能”を採用するほか、4G LTEと比べて圧倒的に高速・大容量かつ低遅延の5Gをサポートしている。気になる駆動時間は、大容量バッテリーの搭載で最長連続約34時間(JEITA測定法2.0の場合)を誇る。

F1マシンやジェット機などにも使われる“UDカーボン”を立体成型したフルカーボンボディを採用することで、より強く、より軽く仕上がった「VAIO Z」
F1マシンやジェット機などにも使われる“UDカーボン”を立体成型したフルカーボンボディを採用することで、より強く、より軽く仕上がった「VAIO Z」

 優れた性能と機能を包み込む筐体は、軽量で強靭な立体成型のフルカーボン製だ。これにより、14.0型ワイドディスプレイを搭載しながらアンダー1kgの軽さを実現。天面と裏面の落下試験については、アメリカ国防総省が制定するMIL規格(MIL-STD-810H Logistic Transit Drop Test)を凌駕する、落下高127cmからの衝撃から本体を守る。

 加えて、人感センサーに加えて、顔認証と指紋認証というふたつの生体認証を組み合わせてユーザーを認証する“VAIO User Sensing”を備えるなど、セキュリティレベルも極めて高い。

●日本の高い技術力が完成させた「VAIO Z」

 カーボン製の筐体を採用したノートパソコンはいまや珍しくなくなったが、「VAIO Z」はどこに違いがあるのだろう? 「VAIO Z」の商品企画を担当する稲垣賢祐さんは次のように語る。

「『VAIO Z』のボディには、カーボンのなかでもF1マシンやジェット機などにも使われる“UDカーボン”を使用しています。この素材は加工が難しいものの、より強く、より軽く仕上がる点が一般的なクロスカーボン素材とは異なります。

 また『VAIO Z』の“立体成型フルカーボンボディ”では、ボディ全体のほとんどの部分をカーボン化しています。具体的には、天面、ベゼル回り、パームレスト面、そして底面の4面をカーボン化しました。なかでも、天面とベゼル回りのカーボンを曲げ加工によって一体化したところが最大のポイントです」

 ちなみに“UDカーボン”の“UD”とは、Uni Directional(単一方向性)の頭文字。カーボン繊維が同じ方向に並んでいる特性を表しており、「VAIO Z」ではこのカーボン繊維を縦と横に幾層にも重ね合わせることで、どの方向からの力にも強い状態に仕立てたという。

天面、ベゼル回り、パームレスト面、底面というボディの大部分をカーボン化。なかでも、天面とベゼル回りのカーボンを曲げ加工により一体化したところが最新型「VAIO Z」のポイントだ
天面、ベゼル回り、パームレスト面、底面というボディの大部分をカーボン化。なかでも、天面とベゼル回りのカーボンを曲げ加工により一体化したところが最新型「VAIO Z」のポイントだ

「カーボンを立体成型し、『VAIO Z』のほぼ全面に同素材を採用したことで、高い堅牢性を実現しながら、劇的な薄さと軽さを手に入れました。従来素材と比較した場合、約100gの軽量化を実現しています。そのメリットを活かし、強力なCPUを安定動作させるためのダブルファンや大型バッテリーを搭載し、スペック全体の底上げを図っています」(稲垣さん)

 かつてないハイエンドなノートパソコンを完成させるために、「VAIO Z」の開発にはVAIOの技術陣だけでなく、カーボン素材の設計と製造を担当する東レなど、日本のさまざまな企業が関わった。つまり「VAIO Z」は、日本のモノづくりの技術力の高さを示したモデルともいえるのだ。

●製品仕様
・価格:29万9200円から(消費税込)
・CPU:Core i7
・メモリ:16GB/32GB
・ストレージ(SSD):256GB/512GB/1TB/2TB
・ディスプレイ:14.0型Ultra HD(4K)液晶/フルHD液晶
・OS:Windows 11 Home/Windows 11 Pro
・本体サイズ:約W320.4×D220.8×H12.2-16.9mm
・重量:約982gから

Gallery【画像】軽くて強くて美しいUDカーボン採用の「VAIO Z」を写真で見る(6枚)

RECOMMEND