VAGUE(ヴァーグ)

アウトドアでのゴミ問題を解決! ポーチ型ゴミ入れはキングジムの実直なモノづくりから生まれた

外出先で出るゴミを衛生的に持ち帰れる

 BBQやサイクリング、トレッキングといったアウトドアレジャーでは、ゴミのポイ捨てはもちろんNG。一方、感染症対策の一環で街に置かれるゴミ箱が減少しているため、散策中に出たちょっとしたゴミも気軽に捨てられない時代となった。

 そのため、ゴミはバッグなどに入れて持ち帰るのがマナー、とはわかっていても、やはり気になるのは衛生面のこと……。そんな問題を解決してくれるのが、片手で簡単に開閉できるポーチ型ゴミ入れ「ホルポ」だ。

アウトドアなどで出たゴミを簡単かつ衛生的に捨てられる、イマドキの時代性を反映したキングジムのポーチ型ゴミ入れ「ホルポ」
アウトドアなどで出たゴミを簡単かつ衛生的に捨てられる、イマドキの時代性を反映したキングジムのポーチ型ゴミ入れ「ホルポ」

 感染症予防や衛生面への意識の高まりから、使い捨てマスクや除菌シートを使う機会が増えたことから、関連するゴミが増加中。とはいえ、アウトドアで捨てるのはマナー違反だし、街に置かれるゴミ箱が減った結果、街中でもゴミを気軽に捨てられないという問題が生じている。

 それにより、アメやガムの包み紙、不要なレシート、使い終わったティッシュペーパーなどは、服やバッグのポケットに忍ばせてしまいがち。となるとやはり気になるのは、服やバッグに汚れなどが付着しないか? ということだ。

 その点「ホルポ」は、ちょっとしたゴミもなかにサッと収めて安心して持ち帰れる。構造は、専用の使い捨てゴミ袋をセットできる部分と小物を収められるポーチ部との2室構成。アウトドアや外出先ですぐに捨てられないゴミを衛生的に持ち運べる上、小物の携行にも重宝する。さらに、内側にセットしたゴミ袋のおかげでポーチ本体が汚れず、袋の交換時に手が汚れることもない。

Next手を汚さずゴミ袋を交換できる仕組み
Gallery【画像】ポイ捨てNGのゴミをスマートに持ち帰れるユニークなポーチを写真で見る(8枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND