VAGUE(ヴァーグ)

キッチンの常識を打ち破る燕三条の技術とユニークな視点! 新発想のパスタ鍋とケトルが台所の不便を解消する

目からうろこの発想で調理や片づけがスムーズに

 古くから工具や刃物などの金属製品や、洋食器などを手がける“金物の町”として知られる新潟県の燕三条エリア。その地に生まれたブランド・4w1h(ヨンダブリューイチエイチ)から、1台3役のパスタ鍋「マルチパスタパン」と超薄型の「フラットケトル」が登場した。

“パスタを、最速で食卓へ”というキャッチフレーズを掲げた4w1hの「マルチパスタパン」
“パスタを、最速で食卓へ”というキャッチフレーズを掲げた4w1hの「マルチパスタパン」

 4w1hは、2019年に燕三条キッチン研究所が立ち上げたキッチンブランドだ。斬新なデザインが目を引く同ブランドのコンセプトについて、広報の小川さんは次のように語る。

「コンセプトは、5w1hからWhere(キッチン)を除いた“4w1h”です。Why(そもそも)、When(いつ)、Who(だれが)、What(なにを)、How(どのように)という5つのキーワードから、キッチンツールを再編集することを目指しています」

 この思考をベースに、4w1hは食パン1枚でホットサンドをつくれる「ホットサンドソロ」をはじめ、現代のライフスタイルに合った数々の機能的なキッチンツールを提案してきた。

Next調理器具の可能性を広げる革新的デザインと機能
Gallery【画像】台所の使い勝手を革新するパスタ鍋とケトルの秘密を写真で見る(10枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND