VAGUE(ヴァーグ)

カッコいいネオ・レトロなスタイルと軽快な2気筒の走りが自慢! カワサキ「Z650RS」は名車“ザッパー”の再来だ

幅広い層のライダーをターゲットとした1台

 カワサキはレトロスタイルのスポーツバイク「Z650RS」を2022年4月28日に発売する。

 登場以来、高い人気を維持しつづけている「Z900RS」の弟分的なモデルだが、「Z900RS」が4気筒エンジンを搭載しているのに対し、「Z650RS」は水冷の2気筒エンジンを搭載。スリムなタンク形状と短くコンパクトなテールも相まって、軽快な印象に仕上がっている。

最新の「Z650RS」は、かつての名バイク“ザッパー”のコンセプトを体現したモデル。明るいグリーンを基調とした車体カラーなども、ルーツを想起させるものだ
最新の「Z650RS」は、かつての名バイク“ザッパー”のコンセプトを体現したモデル。明るいグリーンを基調とした車体カラーなども、ルーツを想起させるものだ

 2気筒エンジンを採用した理由について、カワサキモータースジャパン広報グループの赤地佑介さんは、次のように語る。

「横幅の狭い2気筒エンジンを採用することで、軽量でスリムな車体にすることができ、多くのユーザーに親しみやすいマシンキャラクターとしています。また、搭載する649ccエンジンは強力な低中速域、スムーズなレスポンス、優れた燃費性能を実現し、扱いやすさと楽しさを両立しています」

 最近は、リターンライダーに加えて新規に免許を取得するライダーが増えているが、スリムで足つき性がよく、エンジン特性も扱いやすい「Z650RS」は、そうしたライダーにも適している。

 実際、カワサキでも「Z650RS」のターゲットユーザーを「大型バイク初心者の方や、大排気量モデルからのダウンサイジングの方、ファッションのようにモーターサイクルライフを楽しみたい方に乗っていただきたいと考えています」(赤地さん)としている。

Next2気筒エンジンは扱いやすい特性
Gallery【画像】大型バイクの裾野を広げた“ザッパー”の現代版を写真で見る(14枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND