VAGUE(ヴァーグ)

ベントレーの電動化スケジュールが見えた! 2025年から毎年1車種ずつ5台のBEVが登場する

ベントレーは2025年から毎年新車ラッシュとなる

 イングランドのベントレー・モーターズは2022年1月26日(現地時間)、ラグジュアリーカーメーカーとしてきわめて挑戦的であり、また先進的な中期計画「ビヨンド100」戦略をさらに加速させる鍵であり原動力ともいえる「ファイブ・イン・ファイブ」計画を世界に向けて発信した。

ドリームファクトリーの予想CGには、「EXP100GT」がラインを流れているようだが、実際に市販化されるかは発表されていない
ドリームファクトリーの予想CGには、「EXP100GT」がラインを流れているようだが、実際に市販化されるかは発表されていない

●ドリームメーカーのドリーム工場とは

 ファイブ・イン・ファイブ計画の発表に先立って、ベントレーがまず明らかにしたのは、サステナビリティの実現に向けた25億ポンドの新たな投資と、2025年に販売開始が計画されているベントレー初となるフルバッテリー車(BEV)をクルー本社で開発、そして生産する計画であることであった。

 このような確かな計画を明らかにした発表は、クルー工場で働く従業員やクルーの地域、あるいはイングランド全体を活気づけるものであり、最終的には価値ある製品を生み出す持続可能な自動車の生産拠点として、イギリス経済への大きな貢献さえ期待されるものだ。

 クルー工場がこれから目指すものは、デジタル化と環境負荷ゼロを実現する、高い価値を生み出すフレキシブルな生産システムである。ベントレーはこれを「ドリームファクトリー」と表現する。

 クルー工場ではすでに大規模な改修がおこなわれ、業界の先陣を切ってカーボンニュートラルの認証を受けている。今後はさらなる年とビヨンド100戦略の加速によって、全ラインナップと非製造業務のカーボン排出量削減に注力し、2030年までには組織全体でのカーボンニュートラルを目指す計画であるという。

 具体的には現在3万枚が装備されているソーラーパネルを、今後2年間で4万枚に増設。社内で発電能力を高めることを計画。またヘリテージ・コレクションを始め、ベントレーが所有するモデルに持続可能なバイオ燃料を使用することも検討中だとされる。

 またこのカーボンニュートラル計画はサプライヤーやパートナー企業にも協力が期待されており、遅くとも2025年にはその達成を求めることが要求されているということだ。

Nextところで、ファイブ・イン・ファイブ計画とは
Galleryベントレーの本社のあるクルーの今昔を【画像】で見る(7枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND