VAGUE(ヴァーグ)

船でそのままチェックイン「熊本・天草の隠れ家グランピング施設」が大規模リニューアルで魅力倍増

ペット同伴可能なテントとラウンジ&バーを新設

 九州の人気リゾートエリアである熊本県の上天草にあるグランピング施設「シークルーズグランピング熊本天草」が、大規模リニューアルを受けて2022年3月下旬にオープンする。

海辺でのんびり食事をしたり、満天の星空を眺めたりと、日常の喧騒から離れて思い思いの時間を過ごせる隠れ家グランピング施設「シークルーズグランピング熊本天草」
海辺でのんびり食事をしたり、満天の星空を眺めたりと、日常の喧騒から離れて思い思いの時間を過ごせる隠れ家グランピング施設「シークルーズグランピング熊本天草」

 同施設は2021年8月に第1期が開業。施設内に桟橋を備え、陸からだけでなくクルーザーやボートでも来場・チェックインできる、全国でも珍しいグランピング施設として話題を呼んだ。

 今回の第2期オープンでは、より快適に滞在できるよう、さらにグレードアップをはかっている。リニューアルのポイントについて、運営元であるシークルーズの広報・渡邊さんは次のように語る。

「近年のアウドドア人気の高まりに加え、ご家族や親しいお仲間、ペットたちとゆっくり過ごしたいというニーズをうけての改装となりました。

 客室は新たに5棟増設し、全9棟となりました。そのうち2棟にはドッグランスペースを完備しており、ペットといっしょに宿泊いただけます。もちろん、すべての客室はオーシャンビュー。眼前には美しい箱庭を思わせるような、海と島々が織りなす景色が広がります。

 また付帯設備として、宿泊される方が自由に利用できるパブリックな焚き火スペースを設置します。さらに、グループの皆さまでも食事をしていただける広々としたラウンジスペースや、ゆったり寛いでいただけるバーカウンターの設置も計画しています」

 施設内の各棟は、すべて大型ドームテントとコテージで構成されている。ベッドルームの役割を担うドームテントが宿泊棟、コテージにはキッチン・バス・トイレなどの水回り備えたリビングが備わる。

 さらに屋外には、BBQを楽しめるパーゴラ(日よけ)も併設されており、ウッドデッキも含めて1棟あたりの占有面積は約160平米と、まるでスイートルームのような広々とした空間が確保されている。

Nextクルーズ船でのイルカウォッチングも楽しめる
Gallery【画像】天草・松島の美しい海が広がる新生グランピング施設の詳細を見る(9枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND