VAGUE(ヴァーグ)

インテリア映えする「カッコいいスツールとサイドテーブル」を生み出した板金の未知なる可能性

近くに置いておきたくなるスツール&テーブル

 長崎県の諫早(いさはや)市に本社を構える日本ベネックスは、創業以来培ってきた精密板金加工の技術を活かしたスチール製の家具「SUITE FURNITURE(スイートファニチャー)」シリーズを新たに展開。第1弾として「SUITE STOOL(スイートスツール)」と「SUITE TABLE(スイートテーブル)」の2モデルを発表した。

新たに誕生した「SUITE FURNITURE」シリーズは、クリエイターの斬新なアイデアを取り入れながら板金の新しい可能性をカタチにした、実用的で美しいプロダクトを展開する
新たに誕生した「SUITE FURNITURE」シリーズは、クリエイターの斬新なアイデアを取り入れながら板金の新しい可能性をカタチにした、実用的で美しいプロダクトを展開する

「SUITE STOOL」は、厚さ2mmという極薄のスチール板2枚のみで構成されたスツール。まるで動物がそこにいるかのようなユニークなたたずまいが愛らしい。

 ブラック、クリームホワイト、グリーン、レモンイエローという4種のカラーバリエーションは、空間に彩りを添えるほか、直線と曲線の美しい組み合わせは眺めているだけで楽しめる。

 対する「SUITE TABLE」は、斜めに立つ楕円形の支柱の上下に、薄いスチール板が配置されたフォルムが印象的なサイドテーブル。横から見ると、アルファベットの“Z”の文字に見え、かわいらしさと同時にクールさもあわせ持つ。

 リビング、ダイニング、ベッドルームなど、どんなシーンにもマッチするサイズ感とデザインで、パソコン作業用のワークデスク、ドリンクやスナックを置くスタンドなど、さまざまな用途に使える。

 スチールは、そのままではかたくて冷たい、無機質な素材でしかない。デザインの力であたたかみのある有機的なフォルムに変換された「SUITE FURNITURE」は、そばに置いておきたくなる存在だ。

Next“新たな板金の可能性”をカタチで表現
Gallery【画像】板金の未知なる可能性を感じさせるスツールとテーブルを画像で見る(13枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND