VAGUE(ヴァーグ)

キャンピングカーはレトロがカッコイイ! 「千原ジュニア」に学ぶクラシックキャンパーのカスタム手法とは

旧車愛がとまらない芸人「千原ジュニア」のバンライフとは

 東京オートサロン2022では、初の試みとして「東京アウトドアショー2022」が同じ会場内で開催された。近年ブームになっているアウトドアを牽引する有名ブランド80社が一堂に会した会場には、ファッション、ライフスタイル、エコロジー、ツーリズム、ビークルといったカテゴリーに分けられ、最新ギアを見て触って、買い物まで出来る空間が広がっていた。

千原ジュニアさんがアメリカのオークションで落札して日本に取り寄せたフォード「エコノライン・キャンパー」
千原ジュニアさんがアメリカのオークションで落札して日本に取り寄せたフォード「エコノライン・キャンパー」

●ライバルはワーゲンバス

 そんな中、ビークルエリアにVAGUEにとって気になる1台が置かれていた。ターコイズブルーとアイボリーのツートンカラーに塗り分けられた歴史を感じるレトロバン。味のある個性的なルックスがとてもお洒落なキャンピングバンである。

 ベースは、1961年にアメリカのフルサイズバンとして登場したフォード「エコノライン」だ。当時の資料によるとフォルクスワーゲン「タイプII」を参考に商業用バンとして開発。見た目がなんとなく似ているのもそんなストーリーがあったからだといわれている。

 このお洒落でレトロな外観を持つフォード・エコノライン・キャンパーをプロデュースしたのは、旧車好きとして数多くのクルマやバイクを所有するお笑い芸人「千原ジュニア」さんだった。

Next千原ジュニアのセンス良いカスタマイズとは
Gallery【画像】千原ジュニアのレトロバンを見る(6枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND