VAGUE(ヴァーグ)

「ワーゲンバスだけじゃない」英国のクラシックキャンピングカーが東京オートサロンで注目された理由とは

東京オートサロンにもキャンピングカーブームが押し寄せる!

 東京オートサロン2022では、一昨年からブームとなったアウトドアをキーワードにお洒落にリメイクしたキャンパースタイルの展示車両を数多く見かけた。

キャンピングカーもヴィンテージで楽しむのがオシャレだ
キャンピングカーもヴィンテージで楽しむのがオシャレだ

●キャンピングカーにもクラシックブームが来る!

 クルマを上手に使い、アクティブにクルマを楽しみ尽くす。そんなコンセプトでパーツを選んで装着させたり、関連するギアを積んで快適に過ごせるように工夫したり、アウトドアを軸として様々な選択肢を提案したのが、今年の東京オートサロンの新たな傾向だったといえるだろう。

 もちろん、最新のクルマをベースにして、遊び心あふれるキャンパー仕様としてアップグレードさせる。そんな楽しみ方も良いが、ゆとりがあるならレトロな雰囲気を持つクラシックキャンパーを手に入れて、お洒落で優雅な旅を満喫してみるのも悪くない。

 クラシックキャンパーでまるで、映画のようなひと時を過ごす。そんな夢のライフスタイルをイメージさせてくれたのが、ここで紹介するイギリスのコーチビルダーとして名高いベッドフォード社が作った「ベッドフォードCA」とコマー社が手掛けた「ブルーバードMOTO PLUS」だ。

 2台のクラシックキャンパーを出展したのは晨風。晨風は輸入車全般を扱っているが、2022年から本格的にクラシックキャンパーの買い付けに力を入れ、各国から程度の良い車体のみを現地で確認し買い付け、しっかり使えるようにレストア整備をおこなって販売していくという。今回紹介しているモデルは、その一例ということだった。

Nextワーゲンバスよりも希少で安価な英国のクラシックキャンパーとは
Gallery【画像】英国生まれの「ワーゲンバス」のライバルを見る(21枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND