VAGUE(ヴァーグ)

「思わず使いたくなるイマドキ文具」ヒミツは環境に優しいアップサイクルにありました

素材と仕上げにこだわった4種類の限定アイテム

 コクヨの「KOKUYO ME(コクヨミー)」シリーズから、シリーズ第6弾が登場。今回のポイントは、廃棄された衣料を活かしたアップサイクル素材でつくられていることだ。

 ラインナップは、A5とB6サイズの「ノートカバー」と「ツールポーチ」、そして「メモカバー」の全4アイテム。いずれも数量限定品となる。

「ツールポーチ」は、ペン、イヤホンといった小物を携行するのに便利だ
「ツールポーチ」は、ペン、イヤホンといった小物を携行するのに便利だ

 2019年に誕生した「KOKUYO ME」は、文具を単なる道具としてではなく、使う人の“自分らしさ”を表現するライフアクセサリーと定義。これまでコクヨが大切にしてきた使いやすさと機能性をベースに、“CMF(=Color:色、Material:素材、Finish:仕上げ)”にこだわり、感性に響く製品を創出してきた。その結果、アクセサリー感覚でアイテムを組み合わせられ、持つ人の個性を輝かせる新しい文具として人気を得ている。

 そんな「KOKUYO ME」の第6弾ついて、コクヨ広報の吉村さんは次のように語る。

「『KOKUYO ME』シリーズは、世のなかの変化や感性に響くトレンドに敏感な、ミレニアル世代のアクティブワーカーをメインターゲットにしています。新しい第6弾では、不要になった衣料の多くが焼却ゴミとして処理されている社会的課題へと意識を向け、廃棄衣料をアップサイクルした素材を取り入れた文具づくりにチャレンジしようと考えました。

 その上で、感性的なトレンドとしてエシカルに着目。CMFにおける“Material”と“Finish”へのこだわりとして、廃棄衣料を再利用した素材を新たに採用しています」

Next使いやすい新作文具の種類とカラーは?
Gallery【画像】廃棄された衣料が生まれ変わった「KOKUYO ME」の新作を見る(11枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND