VAGUE(ヴァーグ)

「ライバルはアストンマーティン」ジャガーは2025年から高級ブランドへと生まれ変わる!

ジャガーは2025年までしばし冬眠?

 2021年3月、さほど話題に上ることなく、投入される予定だったジャガーの新型「XJ」が白紙撤回された。開発が進められていた「MLAプラットフォーム」は、内燃式エンジン車から電気自動車まで対応できるフレキシブルなものだった。同時期に新型XJのテスト車両の走行模様もキャッチされていたので、開発が最終段階であったことは間違いない。

ジャガーはアストンマーティンなどと共にイギリスを代表する自動車メーカーだ(C)Jaguar Land Rover
ジャガーはアストンマーティンなどと共にイギリスを代表する自動車メーカーだ(C)Jaguar Land Rover

●MLAプラットフォームは無駄だったのか?

 そして、デビューが噂されていたジャガーの最上級SUV「Jペース」はMLAプラットフォームを採用するはずだったので、当面の間、投入が見送られるのだろう。SUVはランドローバーのテリトリーで、ジャガーはSUV以外のモデルを今後は投入する、ともいわれている。

 ジャガーはMLAプラットフォームに投下した開発費およそ14億ドルの減損処理をする、と投資家ミーティングで発表している。もっとも、MLAプラットフォームはランドローバーの新しいモデルに採用されるので、完全に無駄になったわけではない。

 フランスの「ルモンド」紙は“ジャガーは2025年まで冬眠”、つまりは新型車の投入を2025年まで見合わせると報じている。ディーラーは2025年の電気自動車が投入されるまではマイナーチェンジやランドローバーの新型車で凌いでくれ、ということなのだろう。ディーラーには実に酷な話に聞こえなくもない。

Nextコスパに優れたジャガーが、なぜ高級路線に!?
Gallery【画像】新型車が出ないから逆に注目集まる「ジャガー」とは(7枚)

page

RECOMMEND