VAGUE(ヴァーグ)

BMW新型「M3/M4」を700馬力にパワーアップ! Gパワーのチューニングメニューは3ステップです

ノーマルの「M」では物足りない過激派に贈るGパワーチューニング

 BMWのM社がプロデュースするモデルといえば、究極的なパフォーマンスをカスタマーに提供するモデルだ。またBMWのカスタマーから見れば、絶対的な魅力を放つモデルでもある。BMWファンにとっては、一度はMのエンブレムが掲げられるモデルを所有してみたいというのは、共通するひとつの夢だろう。

Gパワーでは、段階的に3ステップのエンジンチューニングメニューが用意されている
Gパワーでは、段階的に3ステップのエンジンチューニングメニューが用意されている

●S58B30エンジンならすべてに対応

 ここで紹介するGパワーは、すでにBMWのファンにはお馴染みのチューニング・ブランドだ。その歴史はすでに40年を迎え、この間にはさまざまな魅力的なコンプリートカーやパーツをマーケットへと送り出してきた。

 そしてその最新作として発表されたのが、新型「M3」と「M4」をベースとするパフォーマンスアップ・プログラムの「GP-600」である。

 このプログラムは、Mシリーズの象徴ともいえるM3/M4を始め、同「コンペティション」や「コンペティション トラックパッケージ」、「M4カブリオレ」等々、3リッター直列6気筒ツインターボエンジン(S58B30)を搭載する最新世代のMモデルのすべてに対応可能だ。

 チューニングのメインアイテムとなるのは追加装着されるチップ・チューニングボックスで、これによってノーマルのスタンダードモデルで480ps、コンペティション仕様では510psだった最高出力は、まず600psの最高出力を得ることになる。最大トルクは550Nmもしくは650Nmから720Nmにまで引き上げられる。

 エンジンカバーのセンターを前後に貫くカンパニーカラーのオレンジは、それがGパワーのチューニングによるものであること強烈にアピールしている。

NextGパワーのチューニングメニューは3種類。どこまでパワーアップする?
Gallery【画像】過激に見えないGパワー「M3/M4」とは(14枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND