VAGUE(ヴァーグ)

【ランドローバーはボディカラーで遊んで正解】個性的カラーの「レンジローバー スポーツSVR」が少数限定で受注スタート

レンジローバー スポーツSVRは、個性的なボディカラーで遊んで正解

 ランドローバーの充実したラインナップのなかで、史上最速かつパワフルなモデルは「レンジローバー スポーツSVR」であるが、その特別仕様車が2022年1月11日から受注を開始した。

 ベースとなっているのは、レンジローバー スポーツSVRとレンジローバー スポーツSVRカーボンエディション。エンジンなどの出力アップは施されていないが、スペシャルなビスポーク感たっぷりの仕様となっている。それぞれの特別仕様車の特徴と装備について解説しよう。

「レンジローバー スポーツSVRジャパンSVエディション」は限定25台で、車両価格(消費税込)は、2165万円
「レンジローバー スポーツSVRジャパンSVエディション」は限定25台で、車両価格(消費税込)は、2165万円

●レンジローバー スポーツSVRジャパンSVエディション

「レンジローバー スポーツSVRジャパンSVエディション」は25台の限定モデルとなり、ランドローバーのハイパフォーマンスモデルやビスポークオーダーを専門に手掛ける「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」専用デザインを採用。車両価格(消費税込)は、2165万円だ。

 まず目を引くのがSVビスポークチームと連携して設定した日本初導入のボディカラーだ。「ロランジェ(メタリック)」、「SVビスポークグレイ(ソリッド)」、「アボガド(メタリック)」という個性的な3色。

 インテリアはボディカラーに関係なくエボニーとシーラスのツートン仕立てとなっており、ヘッドレストに「SVR」の刺繍が施されている。

 Bピラーに「SV BESPOKE」のエンブレムを装着し、イルミネーション付メタルトレッドプレートに「ONE OF 25」のディスクリプションが配されている。

 ボディカラーと限定台数は次のとおり。

・ロランジュ(メタリック):8台
・SVビスポークグレイ(ソリッド):8台
・アボガド(メタリック):9台

Nextカーボンボンネットが超絶クールな特別仕様車とは
Gallery【画像】「レンジローバー スポーツSVR」のカラバリはユニークで個性的な色が新鮮!(19枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND