VAGUE(ヴァーグ)

ザ・スーパーカーの「フェラーリBB」は「512」と「365」で価値は違うのか? 3300万円で落札されたベルリネッタボクサーとは

同じ「BB」でも「365」と「512」の違いとは

 2021年11月19日、RMサザビーズ社はフランスのポールリカール・サーキットを会場として「The Guikas Collection(ギカス・コレクション)」オークションを開催した。

 その中には、VAGUEでもオークションレビューをお届けしたランボルギーニ「カウンタック」に加えて、その宿命のライバルともいうべきフェラーリ「BB」も「365」と「512」が、結果として2台競演するかたちで出品された。前回の「365GT4/BB」に続き、今回は「512BB」を紹介しよう。

スーパーカーブーム時代、V12エンジンをリアミッドに搭載するのと同じくらいリトラクタブルライトであることも重要なファクターだった(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
スーパーカーブーム時代、V12エンジンをリアミッドに搭載するのと同じくらいリトラクタブルライトであることも重要なファクターだった(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

 1973年から生産に移された元祖「ベルリネッタ・ボクサー」こと、「365GT4/BB」とともにミドシップ12気筒ストラダーレの製作に進出したフェラーリ。しかし、実は365BB時代は実験的要素も多かったことから、当初から数多くの技術的問題点を抱えていた。そこでマラネッロでは、一定数のシリーズ生産を期した進化モデルの開発が進められていた。

●「512BB」の進化ポイントとは

 1976年に正式発表した「512BB」は、運転席・助手席のすぐ後方に搭載されたボクサー12気筒エンジン、あるいはピニンファリーナのデザインよるダイナミックなボディなど、365GT4/BBの技術的特徴を受け継ぐ一方で、細部は大幅な進化を遂げている。

 そのネーミングは、1960年代末からスポーツカーレースを闘ったフェラーリの「512レースカー」へのオマージュであるとともに、エンジンのスープアップを示唆していた。

 512BBの強力な180度V型12気筒エンジンは、排気量を365BB時代の4.4リッターから5リッター(4943cc)に拡大。4基のトリプルチョーク式ウェーバー社製キャブレターが、拡大されたエンジンに燃料を供給した。

 一方のボディワークでは、フロントにエアダムスカートが設けられたほか、ボディサイドにはNACAスクープを追加。テール側のオーバーハングも延長された。また、テールエンドに置かれる丸形テールランプは365BBの左右3灯ずつ(ひとつはリフレクター)から2灯ずつに変更。マフラーも片側3本出しから2本出しに換えられ、若干ながらエキセントリックな印象が薄められた。

 これらのモディファイは北米への輸出を見越してのものともいわれていたが、実際には512BBがアメリカ合衆国に正規輸出されることはなかった。これはエンツォ・フェラーリ翁が厳しい北米の排出ガス規制に適応させるために、意に沿わない改良を施すことを拒んだから、ともいわれているようだ。

 ただ、スポーツカーの世界最大市場であるアメリカへの導入はなくとも、生産台数は365BB時代の2倍以上に相当する929台に及んだとのことである。

Next「512BB」は「カウンタックLP400S」より高額落札されるのか?
Gallery【画像】「カウンタック」のライバル「512BB」をたっぷりと見る(34枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND