VAGUE(ヴァーグ)

フィアット「500ev」に試乗して分かった「ワケもなく幸せになれるピュアEVの資質」とは

可愛らしいフィアット「500ev」が誕生した理由とは

 これならルパン三世のようにドカーン! とダイナミックに走れるかも……と自分らしいオープニングでこのチンクエチェントを語りはじめたいところだけど、今日はいつもと趣向を変えて、ちょっとばかり固い話からスタートしよう。

外観はほぼオリジナルのまま。ボディカラーはカスタムで選択可能だ
外観はほぼオリジナルのまま。ボディカラーはカスタムで選択可能だ

 ほとんどの方が御存知のことと思うけど、今、世界の自動車メーカーは「カーボン・ニュートラル実現!」というお題目の下、メキメキと電動化に向かって進んでいる。世界の自動車メーカーの中には電動車専門になることを宣言しているところがいくつもあるし、欧州委員会は2035年にはガソリン・エンジンもディーゼル・エンジンも、それら内燃機関とモーターを組み合わせたハイブリッドカーも、新車販売を事実上禁ずるという案を発表したりもしている。そうなるとピュアEV(BEV=バッテリー電気自動車)やFCV(FCEV=燃料電池車)くらいしか生き残れない可能性が大だ。

 個人的には化石燃料を爆発させて動力に変換するクルマも大好きな身だから思うところも多々あるが、同時にハイブリッドカーやピュアEVといったモーター駆動のクルマを否定する気もさらさらない。モーター駆動にはモーター駆動の楽しさ、気持ちよさというものがあるからだ。

 それより何より「できるの?」という疑念の方が強い。現在の電気自動車や燃料電池車には1台のクルマとしてかなりいいモノも多いけど、周囲を取り巻く環境には問題が山積みだからだ。

 例えば電気自動車だけ考えても、充電インフラはいつになれば僕達が“それならEVに乗るか”と自然に思える状況になる? 仮に新車販売が大幅に落ち込んだ2020年並みの約7850万台を全てピュアEVでまかなうとして、それだけの量のバッテリーを誰がどうやって生産・供給する? その原材料はどうやって確保する? バッテリーの生産そのものに要するかなりの電力を、ちゃんとカーボン・ニュートラルで作れる? 無数のEVが夜間に一気に充電に入ったら電力不足になっちゃうんじゃない? ──というのは氷山の一角のようなモノ。今の段階では、BEVだけの世界には、そう簡単には変わらないように思えるのだ。

 が、そうした小難しかったり面倒くさかったりするお話とは全く別の次元にいるかのようなピュアEV、というのが存在する。バッテリーとモーターで走るゼロ・エミッション・ヴィークルであるのは確かだが、生まれてきたきっかけが違うのだ。このクルマに対する深い想いが、このクルマの電動化車両を作るという発想に結びついている。

レストア込みで車両価格は660万円(消費税込)
レストア込みで車両価格は660万円(消費税込)

●「動くモダン・アート」の保護・保存の一環として

 フィアット「500ev」は、日本のチンクエチェント博物館がプロデュースして、イタリアのスペシャリストが作り上げる、いわばコンヴァージョンEVだ。現地にあるベース車の内外装やシャシ周りをレストアし、フロントフードの下の燃料タンクがあった位置にリチウムイオンバッテリーを、リアフードの中のエンジンがあった部分にモーターその他のEVコンヴァージョン・キットを組み込んでいる。

 時代がさらに進んで日本国内にも内燃機関車両の侵入が禁止されるエリアができるようになったり、あるいはそれこそ日本全国全面禁止となったり。仮にそんな時代が訪れたとしてもチンクエチェントが未来に向けて生き残っていくための、ひとつの可能性の追求として手掛けたところがある。

 2代目チンクエチェントはおよそ400万台が生産され、1977年の生産終了から今までの間にだいぶ淘汰されてきているとはいえ、本国であるイタリアにはまだまだかなりの台数が残存している。が、好きな人たちに大切にされているクルマも少なくない一方で、不動になって朽ち果てる方向に向かいそうなクルマが目立つのも事実だ。

 チンクエチェント博物館は、そもそもがフィアット500ことチンクエチェントの素晴らしさを多くの人に知ってもらおうと設立された私設博物館。ニューヨーク近代美術館の常設コレクションとされているほどの“動くモダン・アート”=“走る文化財”を保護・保存し、現役のクルマの状態で後世へと伝えていくことを重要なテーマのひとつとしている。

 そのため現地にあるクルマをイタリアのスペシャリストの手で現代に通用するクオリティにまで仕上げ直し、それを日本のユーザーに届ける──それもあまり儲かるとは思えない価格設定で──という活動もおこなっている。博物館の伊藤精朗オーナーは“里親さがしをするようなつもりではじめた”とおっしゃるが、迎え入れた側がその後の生活を不安なく送れるように、日本のスペシャリストたちの協力を仰ぎ、サービスのネットワークまで構築している。

 フィアット500evもその活動の一環、といってもいいだろう。古いクルマなら起きても不思議ないエンジン・トラブルとは無縁だし、オリジナル・チンクエチェントでは可能なら心掛けるべきクルマに合わせた運転もしなくていいし、頑張らなくても現代の交通の流れに乗れる速さもあるし、AT限定免許でも乗ることができる。

 つまりクラシックカーの範疇に入る、それも多くの人を笑顔にできるキャラクターを持ったクルマに乗るハードルが思い切り下がったわけだ。しかも、空冷2気筒エンジンが持つオールドスクールな楽しさの代わりに、モーター駆動のクルマならではの楽しさを手に入れている。2020年にプロトタイプに何度か試乗させていただき、その魅力はたっぷりと味わうことができた。

Next一般道で普通にクルマの流れに乗れる「500ev」の走りとは
Gallery【画像】レストモッドでEV化された「チンクエチェント」の全貌とは(22枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND