VAGUE(ヴァーグ)

【1000万円で始めるフェラーリ生活】「360モデナ」なら新車同然でも夢が叶います

はじめてのフェラーリに最適な「360モデナ」とは

 RMサザビーズが開催した、2021年12月の「オープン・ロード・オークション」に、実に魅力的なフェラーリ「360モデナ」が登場した。360モデナは、「F355」の後継車として1999年に誕生。出品されたのは、その最初期型となる1999年式のモデナ、すなわちクーペで、フェラーリはこのモデルに6速MT、もしくは6速F1マチックの両ミッションからの選択を可能にしたが、出品車は後者の「360モデナF1」である。

 前作のF355で実用化されたF1マチックとの大きな違いは、シフトダウン時にブリッピングの制御が入るようになったこと。それによってドライバーは、コーナーの進入時にはステアリングとブレーキの操作に、より専念できるようになった。

F1マチックとはいえ、1000万円ほどで新車同然のフェラーリを手に入れられる「360モデナ」は、バリューある選択といえる(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
F1マチックとはいえ、1000万円ほどで新車同然のフェラーリを手に入れられる「360モデナ」は、バリューある選択といえる(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

 360モデナは、完全にアルミニウムで生産された最初のフェラーリでもあった。パートナーはアルコア社で、両社のパートナーシップにより、ボディサイズはF355時代よりも10%増加したにもかかわらず、重量は28%減少。剛性は40%も向上するという結果をもたらした。

 リアミッドに搭載されるエンジンは、400psの最高出力を発揮する3.6リッターV型8気筒DOHC40バルブ。車名の360といいう数字はその排気量を意味している。モデナはフェラーリが本社を置くマラネロがイタリアのモデナ県に属することからサブネームとして与えられたものだ。

 エンジンフードがガラス製のファストバックスタイルとされたため、外観からでも容易にエンジンを認識することが可能になった。デザインを担当したのはもちろんピニンファリーナである。

 360モデナがデビューした1999年当時、フェラーリが発表したデータによれば、最高速は295km/h、0−100km/h加速は4.5秒だったというから、現在でもその運動性能は十分に高い水準にあるといえるだろう。

Next新車同然の「360モデナ」の評価はいかに
Gallery【画像】走行距離たった3300kmの新車同然の「360モデナ」とは(24枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND