VAGUE(ヴァーグ)

移りゆく年を干支で表現「新年の門出を華やかに彩る」スピングルムーヴのニューイヤーモデル

新年の門出を華やかに彩る特別なスニーカー

 国産スニーカーブランドのスピングルムーヴが、丑(うし)から寅(とら)に変わる干支(えと)を表現したニューイヤーモデル「SPM-186」と「SPM-470」の限定発売を2022年1月1日に開始する。

 今回のニューイヤーモデルについて、スピングルムーヴを展開するスピングルカンパニーのPR担当・滝口さんは次のように語る。

アッパーのメイン素材に毛のついた状態の牛革を使用。そこに虎柄をプリントすることで、丑から寅に移り変わる干支を表現したスピングルムーヴのニューイヤーモデル
アッパーのメイン素材に毛のついた状態の牛革を使用。そこに虎柄をプリントすることで、丑から寅に移り変わる干支を表現したスピングルムーヴのニューイヤーモデル

「シーズン感を打ち出した企画商品は、スピングルムーヴにとって初の試みです。第1弾にふさわしい今回のニューイヤーモデルで、お客さまとともに新たな年をお祝いできればと考えています。

 アッパーのメイン素材には、毛のついた状態の牛革を使用。そこに虎柄をプリントすることで、丑(2021年)から寅(2022年)に変わる干支を表現しています。また両モデルとも、ベースにはスピングルムーヴでとくに人気のあるモデルを選んでいます」

●ミッドカットとローカットの魅力的な2モデル

 ここからは、ふたつのニューイヤーモデルをそれぞれ見ていこう。

 ミッドカットの「SPM-470」は、人気の「SPM-433」をベースに素材を変更。アッパー全面を牛革製とし、ステッチはイエローで統一している。レイヤード部分に当たるつま先から側面、かかとにわたる全周には、オリジナルで虎柄毛を施した特注レザーを使用。パンツの裾からチラリと見えるシューズのインパクトは抜群だ。また、ベージュのコットン平ひもを標準装備し、寅をイメージしたブラックのロウ引き丸ひもも付属する。

 ローカットモデル「SPM-186」のベースとなったのは、こちらも人気の「SPM-241」。アッパー全面を牛革製とし、つま先からバンプ(甲より前方部分)にかけてオリジナルの虎柄毛つきレザーをあしらうなど、洗練された雰囲気を醸し出している。また、アッパーのステッチ、ソールとの間に配したスエード、ブランドロゴを刻印したレザータブはオレンジに統一され、程よいアクセントをプラス。ブラウンのコットン平ひもを標準装備するが、寅をイメージしたベージュのロウ引き丸ひもも付属する。

 なお、いずれのモデルも、ライニングとインソールは高級感のある黒で統一。インソールのロゴは、新年を祝う金色の特別仕様となっている。

●ニューイヤーモデルにも自慢の製法を導入

 今回のニューイヤーモデルも、アウトソールには“バルカナイズ製法”を取り入れている。先端が巻き上がった独特な形状のアウトソールは、スピングルムーヴのアイコンともいうべきディテールだ。

 バルカナイズとは、靴本体と硫黄を加えたゴム底材を高熱の釜に入れ、アッパーとアウトソールを圧着する製法。靴底がはがれにくく、型くずれが少ないといった利点がある。その分、職人たちの手作業による工程が多く、つくるのに手間がかかるため、バルカナイズ製法の靴づくりをおこなえる国内のファクトリーはごくわずかだ。

 希少価値の高い製法により頑丈につくられたスピングルムーヴのニューイヤーモデルで、新たな年の一歩を気持ちよく踏み出したい。

●製品仕様
★SPM-470(ミッドカット)
・価格:2万5300円(消費税込、以下同)
・カラー:ブラック
・サイズ:XS、SS、S、M、L、LL、XL(ユニセックス)

★SPM-186(ローカット)
・価格:2万3100円
・カラー:ブラウン
・サイズ:XS、SS、S、M、L、LL、XL(ユニセックス)

Gallery2022年の門出を祝うスピングルムーヴのニューイヤーモデルを【画像】で見る(7枚)

RECOMMEND