VAGUE(ヴァーグ)

2021年にバリエーションが急拡大した「革新的でカッコいいe-Bike」5選

極太タイヤをはくe-Bikeの人気が上昇中

 e-Bikeとは、従来のママチャリタイプの電動アシスト自転車とは異なる、スポーツタイプのドライブユニットを搭載したモデルを指す。世界的に人気が高まっているジャンルで、2021年には個性的なモデルが続々と登場した。

アシスト機構のない一般の自転車では避けられる傾向に太いタイヤをはいたモデルが続々登場するなど、選択肢も多彩になっているe-Bike
アシスト機構のない一般の自転車では避けられる傾向に太いタイヤをはいたモデルが続々登場するなど、選択肢も多彩になっているe-Bike

 バリエーションが一気に拡大されたe-Bikeのなかでも、最近とくに注目を集めているのが、極太のタイヤを装備したモデルだ。

 太いタイヤは、その分、路面からの抵抗も大きくなるため、アシスト機構のない一般の自転車では避けられる傾向にある。その一方、タイヤが太くなるとエアボリュームが増して路面からの衝撃を吸収してくれるため、乗り心地は快適に。また接地面も広くなるため、グリップに優れるというメリットもある。e-Bikeで太いタイヤの人気が高まっているのは、強力なアシストを搭載するためといえそうだ。

 ここからは、2021年に一気にバリエーションが豊かになったe-Bikeのなかでも、とくに魅力的な5台を紹介していこう。まずは太いタイヤを履くモデルからフォーカスする。

「MATE X」は極太タイヤと前後サスペンションを備え、ちょっとしたオフロードなら走破できる実力派
「MATE X」は極太タイヤと前後サスペンションを備え、ちょっとしたオフロードなら走破できる実力派

●コペンハーゲンのライフスタイルを反映

 太いタイヤを履くe-Bikeのなかで高い注目を集めているのが、デンマーク生まれでクラウドファウンディングの活用で注目を集める新鋭ブランド・MATE. BIKEがリリースする「MATE X」だ。

「MATE X」は極太タイヤと前後サスペンションを備え、ちょっとしたオフロード走行もこなす実力派。もちろん「MATE X」は都市部での使用にも最適で、折りたたみ機構を搭載するなど、都市で暮らす人々の新たな乗り物として注目を集めている。

 デンマークの首都コペンハーゲンでは、週末、多くの人が自然とふれ合うべく自転車に乗って出かける姿を見かけるが、「MATE X」のコンセプトは自転車都市として知られるコペンハーゲンのライフスタイルを反映したものなのだ。

「ISSIMO」はまたぎやすいステップインタイプのフレームでありながら、トラス構造とすることで優れた剛性を確保
「ISSIMO」はまたぎやすいステップインタイプのフレームでありながら、トラス構造とすることで優れた剛性を確保

●イタリアの2輪ブランドから登場した個性派

 イタリアの2輪ブランドを出自とするFANTICも、「ISSIMO」という極太タイヤを履かせたシティタイプのe-Bikeをリリースしている。

 またぎやすいステップインタイプのフレームでありながら、トラス構造とすることで優れた剛性を確保。また、幅広のハンドルと優れたサスペンション、強力なブレーキを備えており、自転車ともバイクとも異なる独特の乗り味を実現している。

Nextスポーツタイプが充実した老舗ブランドのe-Bike
Gallery【画像】2021年に市場をわかせたe-Bikeのおすすめ5モデル(8枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND