VAGUE(ヴァーグ)

日本車にはない個性が魅力! 2021年に上陸した「輸入バイクの秀作」5モデル

新技術を意欲的に日本市場へと導入

 人混みを避けられる移動手段として、あるいは屋外での趣味として、人気が高まっているのがバイクだ。

2021年に上陸したインポートバイクは、新開発の水冷エンジンや4輪ではおなじみのACC、さらにはトラクションコントロールなどをいち早く取り入れている
2021年に上陸したインポートバイクは、新開発の水冷エンジンや4輪ではおなじみのACC、さらにはトラクションコントロールなどをいち早く取り入れている

 これは世界的な傾向で、国産メーカーだけでなく海外メーカーも意欲的にニューモデルをリリースしている。

 なかでも2021年は、海外メーカーが意欲的な新モデルを続々と日本市場へと投入。その多くにエポックメイキングなテクノロジーが搭載され、高い注目を集めている。

 ここからは、そんな力作ぞろいのインポートバイクのなかから、革新的な5モデルをリストアップしてご紹介しよう。

ハーレーダビッドソン初のアドベンチャーモデル「パン アメリカ 1250」には、“Revolution Max 1250”と呼ばれる、新開発の水冷V型2気筒エンジンを搭載
ハーレーダビッドソン初のアドベンチャーモデル「パン アメリカ 1250」には、“Revolution Max 1250”と呼ばれる、新開発の水冷V型2気筒エンジンを搭載

●ハーレーは渾身の水冷エンジンを新搭載

 2021年のインポートバイクで、大きく方向性を刷新したのがハーレーダビッドソン。同ブランドは空冷V型2気筒エンジンのイメージが強かったが、ますます厳しくなる排出ガス規制に対応すべく、新たな時代の旗手となる新しい水冷エンジンをリリースした。

 新エンジンはまず、同ブランド初のアドベンチャーモデル「パン アメリカ 1250」に搭載された。“Revolution Max 1250”と呼ばれる新エンジンは、水冷のV型2気筒。気筒間の角度は60°で、従来の空冷Vツインの45°から広がり、ヘッドもDOHCとなった。

 そんなRevolution Max 1250は、新型「スポーツスターS」に搭載されたことにより、ハーレー各車の主役エンジンとなることが確定的となった。

「スポーツスターS」はハーレーダビッドソンの主要モデルのひとつであるスポーツスターシリーズの新作で、水冷化によって大きくパワーアップ。従来の空冷エンジンの鼓動感を活かしたキャラクターから、ハイパワーなスポーツマシンへと舵を切っている。

2輪車において世界で初めてACCを搭載したドゥカティの「ムルティストラーダ V4S」
2輪車において世界で初めてACCを搭載したドゥカティの「ムルティストラーダ V4S」

●バイクにも“クルコン”が装備される時代に

 4輪の世界では一気に普及が進んでいるアダプティブクルーズコントロール(ACC)だが、2021年にはそれがバイクにも波及した。

 高速道路などで前走車を追従する際などに重宝する同機能を2輪車において世界で初めて搭載したのは、ドゥカティの「ムルティストラーダ V4S」。続いてKTMの「1290 SUPER ADVENTURE」にもACCが採用されている。

 いずれもボッシュ製のレーダーシステムを装備し、前走車を検知し、一定の車間を保ちながら追従する。2モデルとも長距離ツーリングに対応したアドベンチャーモデルだが、ACCの搭載でより安全なライディングを楽しめるようになり、ツーリングを快適にこなせる新世代モデルへと進化した。

3気筒エンジンを搭載した「Speed Triple」シリーズにハーフカウルをまとった、トライアンフの「Speed Triple 1200 RR」
3気筒エンジンを搭載した「Speed Triple」シリーズにハーフカウルをまとった、トライアンフの「Speed Triple 1200 RR」

●先進機能を備えた懐かしさあふれるカフェレーサー

 英国ブランドのトライアンフからは、3気筒エンジンを搭載した「Speed Triple」シリーズにハーフカウルをまとった「Speed Triple 1200 RR」が登場した。

 ハーフカウルに組み込まれたライトはクラシカルな印象の丸型で、セパレートタイプのハンドルと相まって、かつて英国を席巻したカフェレーサーを思い起こさせるルックスだ。

 それでいて電子制御デバイスは先進的。車体姿勢に応じて効きを適切に調整するコーナーリングABSやトラクションコントロールに加え、フロントホイールの浮き上がりを制御するリフトコントロール機構も備える。

 クラシカルなルックスに現代的な機能を搭載する”ネオクラシック”と呼ばれるトレンドは今後も人気がつづきそうだ。

Gallery【画像】2021年のインポートバイクには革新的なハイテク装備が満載(9枚)

RECOMMEND