VAGUE(ヴァーグ)

見ても乗ってもワクワクさせられた2021年「国産バイクの注目モデル」5選

優れた技術力とブランドパワーに注目が集まる

 移動手段として、あるいは趣味を楽しむ道具として、はたまたコレクションとして、世界的にバイク人気が高まっている。

移動手段として、あるいは趣味を楽しむ道具として、はたまたコレクションとして、世界的に高まっているバイク人気。2021年は国産モデルにも秀作が多数登場した
移動手段として、あるいは趣味を楽しむ道具として、はたまたコレクションとして、世界的に高まっているバイク人気。2021年は国産モデルにも秀作が多数登場した

 そうした追い風を受けて、2021年、国産メーカーから注目のモデルが次々と登場。いずれもバイク好きの胸を打つデザインや機構を採用しており、見るだけで乗るだけでワクワクさせられた。

 ここからは、そんな注目モデルばかりの国産バイクのなかから、筆者がとくにワクワクさせられた5モデルをご紹介していこう。

ホンダの「GB350」は、丸目のライトにティアドロップ型のタンクというクラシカルなバイクのイメージをそのまま描いたかのようなスタイルが魅力
ホンダの「GB350」は、丸目のライトにティアドロップ型のタンクというクラシカルなバイクのイメージをそのまま描いたかのようなスタイルが魅力

●ホンダの本気を改めて実感

 発表のニュースを目にしたとき、筆者の胸がときめいた1台目は、ホンダの「GB350」だ。

 丸目のライトにティアドロップ型のタンクという、人々が思い浮かべるバイクのイメージをそのまま描いたかのようなスタイルもさることながら、期待を抱かせてくれたのは新設計の空冷単気筒エンジンを搭載していたこと。年々厳しくなる排出ガス規制によって多くの空冷モデルが姿を消していくなか、大排気量の空冷エンジンでも規制に適応させられることに胸が熱くなった。

 また、多くのバイク乗りが同じ気持ちを抱いたようで、「GB350」とそのバリエーションモデルである「GB350S」は大ヒット。実際に乗っても、単気筒エンジンらしいパルス感がありながら、不快な振動は除去したような乗り味に設計の新しさとホンダの”本気”を感じた。

 同じくホンダがリリースした新型「CRF250L」も、乗る前からワクワクさせられたモデル。約9年ぶりのフルモデルチェンジだったが、“本気”のオフロードマシンである証拠に、前後サスペンションのストロークを大きく取った<S>のつくモデルを用意していた点に期待が高まった。

 実際に試乗しても、完成度の高さは従来の公道向け市販オフローダーのなかでは出色の出来。近年、本気でオフロードを走りたいと考えるライダーは海外のエンデューロマシンを選ぶ傾向が強かったが、それを覆す新たな選択肢となりそうだ。

ヤマハの新しい「MT-09」が搭載する3気筒エンジンは、2気筒と4気筒の美点を“いいとこ取り”。強烈なダッシュ力に磨きが掛かった
ヤマハの新しい「MT-09」が搭載する3気筒エンジンは、2気筒と4気筒の美点を“いいとこ取り”。強烈なダッシュ力に磨きが掛かった

●パワフルなエンジンに乗ってワクワク

 ヤマハが発売したモデルのなかで胸がおどったのは、3気筒エンジンを搭載する新しい「MT-09」だ。

 2気筒と4気筒の美点を“いいとこ取り”したと評されるこのバイクは、強烈なダッシュ力に対して以前から多くのファンを獲得していたが、新型ではエンジンからフレームまでを新設計。過激な加速力はそのままに扱いやすさも向上し、誰もがその加速感を味わえるバイクになった。

 一方、スズキが発売した新型「GSX-S1000」も、同様の意味で胸が高鳴ったマシンである。

 多くのレースで活躍し、いまもファンの多い“K5”と呼ばれる「GSX-R1000」のエンジンを、ストリート向けにチューニングして搭載。アップタイプのハンドルと、最新の電子制御によって、誰もがエンジンの魅力をストリートで味わえるのがポイントだ。

カワサキに吸収されたメグロというブランドの名を復活させた「メグロK3」。773ccの空冷バーチカルツインエンジンを搭載したスペックはカワサキ「W800」と基本的に同一
カワサキに吸収されたメグロというブランドの名を復活させた「メグロK3」。773ccの空冷バーチカルツインエンジンを搭載したスペックはカワサキ「W800」と基本的に同一

●その名前とルックスだけで乗りたくなる

 最後に紹介するのは、カワサキが発売した「メグロK3」だ。

 1924年に生まれ、国産大型バイクの憧れの存在として多くのファンを獲得したものの、後にカワサキに吸収されたメグロというブランドの名を復活させた1台。773ccの空冷バーチカルツインエンジンを搭載したスペックはカワサキ「W800」と基本的には同一ながら、手作業で色づけされたエンブレムや高級感あふれるツートーン塗装のタンクなど、仕上がりを見ただけで乗ってみたいと思わせる存在感を放つ。

 こうした「メグロK3」ならではの美点は、多くのライダーの支持を獲得。大人が乗れるバイクの登場を切望していた人たちから注目を集めている。

Gallery【画像】2021年の国産バイクは見ても乗ってもワクワクする秀作ぞろい(11枚)

RECOMMEND